その他

昭和女子大生がオランダ大使館を訪問しました

グローバルビジネス学科のパブリックスピーキングクラスと、国際・英コミの開発と経済クラスの学生30名が12月21日にオランダ大使館を訪問しました。
当日はオランダ大使館経済部トップのポール・ツベツルート氏が、歴史的に長いお付き合いのある日本とオランダについて1時間にわたって熱いプレゼンテーションをお聞かせくださり、学生たちのためにティーパーティも用意してくれました!
この授業の目的は、グローバルに通用する知見とコミュニケーションスキルを身につけることです。グローバル社会の第一歩は、堂々とした「質問力」から!第一線の専門家を相手に「質問すること」「意見を言うこと」「積極的に話しかけていくこと」の3つを期して、学生たちは知見を積み、質問や意見の練習をして臨みました。その甲斐あって、ツベツルート氏のプレゼンの後には見事な質問を繰り広げ、意見も述べられたのです!ティーパーティでも、学生たちはさっと4手に分かれて、ツベツルート氏やクリスマス休暇で来日されていたご家族にそれぞれ積極的に話しかけに行きました。

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.