昭和学報

【昭和学報】学科紹介 ビジネスデザイン学科 ゼミ活動で英文サイト運営

井上 由菜
ビジネスデザイン学科の学報委員。
最近はまっていることはハイキングとサイクリング。
 私が所属しているビジネスデザイン学科の今井ゼミでは、2017年度から「Palette」(パレット)という英文記事サイトを運営しています。このサイトは、海外に住む学生や社会人の方に向けて日本についての情報発信をすることを目的としています。サイトのデザインから運営まで今井ゼミの学生で行っています。
 今回、日本企業の「サステナビリティ×地方」という新しいテーマで記事の執筆・デザイン改訂を行い、2022年5月に公開しました。私たち現4年生は、このサイトのリニューアルのために21年秋から活動してきました。
 まず、日本企業のCSRについて学びました。CSRとは Corporate Social Responsibilityの略で、日本語では「企業の社会的責任」と言われています。本業を通じた社会課題の解決や社会貢献を通じて社会からの要請に応えることが求められています。CSRについて理解を深めるためCSR検定を受検したり、記事で取り上げたい事例を各自で調査しました。
 次に、英文記事の基礎について学びました。欧文の書体には、「フォントファミリー」のように選び方や使い方の独特なルールがあります。こうした英文記事執筆上のルールやフォーマット・デザイン等を、ゼミの時間や外部講師をお招きして学びました。また、記事の内容はそれぞれが調べ、英文にまとめました。メンバー内でお互いに書いた記事をチェックし、先生に添削してもらいました。
 サイトのデザイン改定では、ゼミ内でサイトのコンテンツ構成等を考えるサイト構築班、新ロゴ作成班、写真・ビジュアル素材班に分かれ作業をしました。担当者たちのコメントは次の通りです。

全体統括リーダー: 庄司 彩佳 

 作業が就職活動の時期と重なってしまい、オンライン上での作業が多くて大変でした。そこで、1回のミーティングでより効率的に作業を進めることを意識して行動しました。忙しい中でも積極的に協力してくれたメンバーのおかげで素敵なデザインのサイトを完成することができ、とても嬉しいです。デザインだけでなく、記事も各自で調べて英文にまとめました。ぜひ、読んでください。

サイト構築班: 吉田 柚風

 見やすいサイトデザインを意識しました。トップ画面をスクロールせずに情報が一目で分かるようなデザインに仕上げることにこだわりました。また、サステナビリティ×地方というテーマに沿って、和柄を使用し、SDGs カラーを取り入れたことも特徴です。

新ロゴ作成班: 岩元 美侑

 サイトのテーマが和柄×カラフルだったため、麻の葉文様をアレンジして日本らしさが伝わるデザインを作りました。さらに、ゼミのメンバーが7人ということで、ロゴカラーを7色にし、ちょっとした隠れた意味付けもしてみました。

写真・ビジュアル素材班: 井上 由菜

 サイトのホーム画面の写真を担当しました。日本らしさを伝えつつ、テーマの「サステナビリティ×地方」を意識して写真を選びました。掲載する写真は、ゼミメンバーが各自で撮ったものから、ゼミのメンバーで決めました。また、トップページのキービジュアルとなっているイラストもメンバーのオリジナル作品です。
 初めて英文の記事を書いたので大変でしたが、とても良い経験になりました。
今井ゼミ4年生7人で、創り上げたサイトをぜひご覧ください。

palette ホームページ
ビジネスデザイン学科ブログ


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.