プレスリリース

バイリンガルな環境で日米の類似と相違を理解 — 全学部生対象 SWU×TUJ 科目を同時開設

 昭和女子大学は、2022年度から全学部生に対し米国テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)との同時開設科目「写真の理論と実践-日米の写真文化 / Photography theories and practices – photographic culture in  Japan and the US」を開始します。前期日本語、後期英語で講義し、写真に関する理論、歴史などを学修するとともに、両大学の学生が実習やグループワークを通じて、写真について学びながら日米の文化や価値観、視点の違い、共通点などを理解します。
 今回の取り組みは、世田谷キャンパスで隣接する2つの大学だからこそ実現した試みで、互いにグローバル人材の育成に努めます。
 
■科目名:「SWU・TUJ合同講座A(写真の理論と実践-日米の写真文化)」
     Intercollege Seminar:SWU&TUJ A
     (Photography theories and practices – photographic culture in Japan and the US)
 
・2022年度前期(TUJ夏学期) 5月28日(土)~7月23日(土)全8日16回+試験
    【講義言語:日本語】  土曜 9:55-12:10, 13:10-15:25(1日135分×2回)
 
・2022年度後期(TUJ秋学期) 8月29日(月)~11月28日(月)全24回+Study Day+試験
    【講義言語:英 語】  月曜&金曜 18:10-19:40(1日90分)
 
・対象:全学部 1年次以上 履修定員38人中、昭和女子大学の定員は19人
 
・開設:総合教育センター ※2022年4月から「全学共通教育センター」に改称
 
■授業概要
 写真メディアの基礎的な理論と実践の習得を目的に、講義と一部実習を行う授業。写真文化の歴史的変遷と近年の動向・理論から、写真文化の意義や課題を理解する。さらに実習とグループワークを通して日米の類似と相違を理解し、課題発表を通してプレゼンテーション能力を身につける。
 
 
昭和女子大学はキャンパスの更なるグローバル化を目指しています
グローバル人材の育成は学園の大きな目標です。1988年4月にアメリカ・マサチューセッツ州に海外キャンパス「昭和ボストン」を設置し、世田谷キャンパスでは2006年9月開校のブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和(BST)に続き2018年11月に駒澤パークインターナショナルスクール(KPIS)も学園の仲間入りをしました。2019年8月、テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)が敷地内に移転し、昭和女子大学、附属校との連携を深めています。


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.