プレスリリース

昭和女子大学の海外キャンパス「昭和ボストン」 留学支援アドバイザリー・システム導入

昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子:東京都世田谷区)の海外キャンパス「昭和ボストン」(米マサチューセッツ州)で、学生のためのアドバイザリー・システムを本格導入しました。今秋再開した渡航留学で学生一人一人にアドバイザーがつき、学習や生活など多面的にサポートしています。

対面・オンラインともに一人一人にアドバイス

30年以上の歴史あるボストン留学が2020年9月から、コロナ禍のためオンラインに切り替わりました。現地教員が日本時間に合わせて従前通りの授業を実施したものの、学生とのコミュニケーションが対面ほど密にとれない中、学生一人一人にアドバイザーがついて、個々の学習や生活の悩みに対応する体制を整えました。
今年10月に渡航留学が再開して131人が対面、引き続き89人がオンライン留学を選択しています。そこでアドバイザリー・システムをオンラインだけでなく対面の学生にも適用し、コロナなどへの不安も解消しています。
アドバイザーは経験豊富な教職員が担当します。英語に苦手意識のある学生には、日本語・英語両方を話せるアドバイザーがつきます。学習だけでなく生活や友人関係の悩みにも対応します。寮生活のサポートをする「レジデントアシスタント」とも連携し、必要なときに必要な専門家がサポートできる体制を整えています。
このほか、アドバイザーは、英語圏での生活に欠かせないEメールの書き方や礼儀、異文化理解、タイムマネジメントなどのスキルを学ぶワークショップも開催しています。(写真)
スチューデントサービスのアシスタント・ディレクターで、アドバイザーをまとめるリー高橋美代さんは、「日本からボストンに来て1か月余りが経ち、ホームシックなどで悩む学生が増えています。一方、オンライン留学を選択した学生が『渡航すればよかった』とモチベーションを維持するのに悩む場面が見受けられます。一人ひとりの悩みに寄り添って、よりよい学習を実現できるようサポートしていきます」と話しています。


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.