プレスリリース

11年連続の快挙達成
全国女子大学で実就職率No.1

 昭和女子大学(学長:小原奈津子/東京都世田谷区)の2021年3月卒業生(2020年9月卒を含む)の実就職率が92.9%となり、「2021年実就職率ランキング(大学通信発表/7月21日現在)」で、卒業生1000人以上の女子大学で11年連続ナンバー1を達成しました。また、全国の国公私立大学では14位、私立大学の中では9位にランクインしました。

【実就職率=就職者数÷(卒業者数-大学院進学者数)×100】

 2021年3月卒業生(2020年9月卒を含む)の実就職率は、コロナ禍の影響もあり、前年比4.1ポイント減の92.9%にとどまりましたが、2011年から11年連続で卒業生1,000人以上の女子大学で首位を獲得しました。また、全国の国公私立大学では、上位を工業系、福祉系、国公立の大学が占める中、14位にランクインしました。私立大学としては、全国9位でした。
 昭和女子大学では、学生が職業・就業を中心に据え、自分の生き方を設計する力を身につけられるよう、4年間を通じて充実したキャリア支援を行っています。キャリア科目、キャリア支援プログラムに加え、独自の「社会人メンター制度」では、幅広い分野で多様なキャリアを積んだ約300人の社会人女性と直接出会い、対話することで、学生は将来の自分をイメージすることができます。
 昭和女子大学のキャリア教育と支援制度を卒業生がどのように評価しているかを把握する目的で実施した「卒業生調査*」では、在学中に「社会人メンター制度」を活用した人は現在の仕事の満足度が総じて高い結果が出ています。
 項目 (満足度)					活用者		非活用者 「社会に貢献できている」				85.3%		66.2% 「責任のある仕事を任されている」			78.9%		61.0%		 「自分が設計した生き方を実践できている」		63.2%		54.4% 「自分のキャリア目標に近づくことができる」	53.7%		43.4% 「大学で学んだ知識・技能を活かせている」		52.6%		38.2%
*昭和女子大学「卒業生調査」
 調査期間:2020年12月9日(水)~2021年1月11日(月)
 調査対象:昭和女子大学2017年度卒業生(配布数1,246・回収数236)
 調査方法:ウェブアンケート

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.