トピックス

昭和女子大学 大学拠点接種(職域接種)について

昭和女子大学は、7月10日(土)から、学生、教職員、関係・協力会社の皆さまを対象に、大学拠点接種(職域接種)を開始いたします。
本学では昨冬の新型コロナウイルス感染拡大以来、大学・附属校ともにいち早くオンライン授業を展開、学生・生徒、教職員が一丸となり先進的な教育に取り組んでまいりましたが、様々な制約を余儀なくされました。
このたびのワクチン職域接種の機会を得て、学園関係者様の健康をお守りし、一日も早い学園の完全復旧に向けて、そして、教育・研究を拡充させ、今まで以上に地域社会に貢献できるよう、積極的に新型コロナウイルスの感染抑止に取り組んでまいります。
理事長・総長 坂東 眞理子

【重要】 ~必ずお読みください。
本接種は、義務ではなく希望者に対して行なわれるものです。
また、接種の有無で学内施設の利用や学校生活・職場環境に不利益が生じることはありません。
ワクチンの効果やリスクについて十分に理解を深め、特に未成年者についてはご家族とご相談のうえ、接種を受けるかどうかをご判断ください。
なお、接種は任意としておりますので、このワクチン接種に関する副反応及び 健康被害の発生に関しては、自己責任でお願いします。


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.