キャリア

教員採用試験、最終試験合格率91.1%を達成
東京都の教員採用試験は5年連続9割を超える - 初等教育学科

 昭和女子大学人間社会学部初等教育学科児童教育コースの在学生45人が教員採用試験に挑戦し、41人が合格しました。合格率は一次試験で97.8%(45人中44人)、最終試験で91.1%(45人中41人)です。合格者には東京都の期限付任用を含みます。

5年連続90%を超える東京都の合格率

 東京都の教員採用試験では、受験した26人中25人が合格し、5年連続で合格率90%以上を達成しました。茨城県、埼玉県、さいたま市、神奈川県、横浜市、相模原市の教員採用試験では、受験した全学生・卒業生が合格しました。

「教職指導室」での手厚い指導

 初等教育学科には「教職指導室」があり、校長などの経験を持つ教員に受験相談や質問、面接指導を受けることができます。今年はコロナ禍を受け、教職指導室もオンライン対応とし、多くの学生が気軽に相談できました。また、昭和女子大学は東京都が学生対象に教員としての資質向上のために設置している「東京教師養成塾」の連携大学であり、毎年連続して塾生を輩出、採用試験の合格につなげています。

幼児教育コースでも合格の声が続々

 初等教育学科幼児教育コースの4年生の多くも保育士の採用試験に合格しています。保育士を目指す学生のために園長経験者や現場経験が豊富な教員による指導を受けられる「保育・幼児教育指導室」もあります。採用情報の詳細が確定次第、保育・幼児教育指導室の取り組みと合わせて学科ブログで紹介します。

関連リンク

初等教育学科について
初等教育学科オリジナルページ
初等教育学科ブログ


*2018年度に撮影した写真を使用しています


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.