昭和学報

オンラインのゼミ活動でサイトリニューアルに挑戦!

記者紹介

古林 真依(ふるばやし・まい)
千葉県出身。ビジネスデザイン学科3年。学報委員会に入ったきっかけは取材できることに魅力を感じたから。趣味は野球観戦と音楽鑑賞。

**************

 グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科・前田ゼミでは現在、学科オリジナルページと学科ブログのサイトリニューアル作業と取り組んでいます。本来であれば大学で作業する予定でしたがコロナ禍で登校禁止となり、オンラインミーティングで積極的にゼミ活動を行っています。

 2月中旬から、コンセプト決定のためのインタビュー調査や、現状のサイトの問題点の整理、ターゲットへのインタビュー調査、サイトに実装する機能や項目の話し合いをし、現在サイトリニューアルに必要なワイヤーフレーム(サイトの設計図)の制作を中心に活動しています。


(制作中のワイヤーフレームの一例)

 サイトを構築して下さる梁プランニング様とのミーティングは、ZOOMを利用して行いました。私は、プレゼンテーションを担当したのですが、直接顔を合わせることができないので上手く伝えられるか不安もありましたが、何度もゼミ生間で練習を重ね、スムーズにプレゼン出来ました。


(ゼミ生が説明の際に使用した資料の一部)

 直接会えない中でオンラインでは気心知れた友人ともうまく話せなかったり、オフラインでは活発な話し合いも、オンラインでは遠慮して話しづらい雰囲気があります。

 一方で、オンラインミーティングのメリットもあります。まず、学生の予定が合わせやすいこと。どこにいても参加できるのでスムーズに日程調整を行い、急なミーティングでも全員のスケジュールを合わせることが出来ました。

 今井ゼミとの共同作業も始まり、作業は順調に進んでいます。今井ゼミには、サイトの英語ページの作成を協力してもらいます。リニューアルサイトは今年8月1日のカットオーバー(稼働)を目指して活動していきます。

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.