グローバル

すべての学生に留学のチャンス―海外キャンパス「昭和ボストン」

 昭和女子大学には「世田谷キャンパス」と、アメリカ東海岸の学園都市ボストンにある「昭和ボストン」の2つのキャンパスがあります。すべての学生に、昭和ボストンへの留学のチャンスがあります。

世田谷キャンパス

昭和ボストン

 「昭和ボストン」は1988年に開設され、これまで約13,000名が学んでいます(2020年1月時点)。
 少人数クラスで英語や専門分野を集中して学びます。

 課外活動やフィールドワークもさかんで、コミュニティサービスを通じて、近隣の大学の学生や、地域の人々との交流の機会もあります。

 昭和ボストンへの主な留学プログラムは、3つあります。

カリキュラム留学 【一部の学科が対象】
短期海外研修 【対象:全学科・全学年】
15週間プログラム 【対象:全学科・全学年】

※昭和ボストンがカリキュラムに含まれているのは、次の学科です。
国際学部英語コミュニケーション学科・グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科
国際学部国際学科の一部学生

短期集中で学ぶなら「短期海外研修」

 短期海外研修は、夏季休暇・春季休暇中の授業のない期間を利用して、2~4週間滞在して英語や専門分野を学ぶものです。初めての海外留学にもおすすめです。
 例えば、2019年の「ボストンサマーセッション」では、9つのフォーカス・グループ※からひとつを選択し、講義と現場訪問を通じてアメリカでの専門分野の現状を学びます。
 この他、「日本文化プログラム*」をはじめ、初等教育や栄養士の分野に特化したプログラムなどがあります。
 詳しくはこちら(「昭和ボストンプログラム」表を参照

*フォーカス・グループ:「アメリカ文化」「アメリカン・ビジネス」「ボランティア」「ミュージアム&アート・コレクションズ」「心理学」「ホスピタリティ」「フードマネジメント」「アメリカン・メディア」「アート&デザイン」があります。
*日本文化プログラム:日本の転換期にボストンで学び、後の日本やアメリカに影響を与えた日本人と日本文化の歴史を学ぶ

英語で学んで、専門性と語学力をともに高める「春期・秋期15週間プログラム」

 15週間プログラムは、留学がカリキュラムに含まれていない学科の学生を対象にしたセメスター(15週間)留学プログラムです。英語のレベル別に語学学習・教養科目を受講でき、英語力を問わず、すべての学生に参加するチャンスがあります。単位認定されるので、この間、休学する必要はありません。

迷ったらまず「留学フェア」へ

 昭和女子大学では、すべての学生を対象に留学や海外研修へのチャレンジを後押ししています。
 留学を支援する国際交流センターでは、「留学フェア」を開催して、多彩なプログラムや留学先などに関する情報を提供しています。今年も4月4日、9日に開催予定です。まずは留学フェアに参加してみてはいかがですか。
 詳しくは国際交流センターにお尋ねください。


留学フェアの様子/国際交流センター

*【国際交流センター】世田谷キャンパス 1号館2階
国際交流センターについて<

関連記事

【職員に聞く】英語に自信がなくてもOK―長期留学「15週間プログラム」

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.