グローバル

【スーパーグローバルキャンパス】SWU×TUJ交流企画「頭と体を使って楽しむ狂言講座」を開催

各学科が更新しているブログから記事をピックアップ! 今回は日本語日本文学科の学びを紹介する記事です。

こんにちは。日本文化発信プロジェクト担当の山本です。
日本文化発信プロジェクトは、日本語日本文学科で行っているプロジェクト活動で、日本の文化を外国人にわかりやすく紹介する取り組みです。今日は、先月11月27日に行われた「頭と体を使って楽しむ狂言講座」について、ご報告します。この催しは、講師として和泉流狂言師の野口隆行氏をお招きし、日本の伝統芸能である狂言の体験を通して、SWU(昭和女子大)とTUJ(テンプル大)との交流を行うことを目的として企画したものです。

当日は、SWUとTUJの学生・教職員、あわせて41名の参加がありました。当日は、SWUのプロジェクトの学生による狂言の紹介、野口隆行氏による狂言のしぐさとせりふの体験、狂言装束の体験、最後に狂言小舞「七つになる子」の実演と進みました。SWUの学生によるクイズを交えた紹介では、狂言に登場する蚊や茸(きのこ)の精に、大きな驚きの声が上がりました。

続いて行われたワークショップでは、「柿山伏」の冒頭、山伏が柿を食べるまでの場面の実演があり、その曲中の台詞としぐさを、全員で演じました。野口氏の後について繰り返し台詞を言い、体を動かしていると、初めはぎこちない動きだったのが、次第に大きな声で、体も思い切り動かし、時折笑い声を上げながらも真剣に取り組んでいました。

中休みにSWUとTUJの交流を兼ねたブレイクタイムがあり、後半は狂言装束の体験です。「柿山伏」の柿の木の主の装束をTUJの学生さんが身に着け、野口氏から装束に関するお話を伺いました。身近に装束を見ることができる貴重な機会でした。最後に野口氏の狂言小舞「七つになる子」を堪能し、充実した2時間の講座でした。
日本文化発信プロジェクトでは、これまでも留学生に狂言を紹介する催しを行ってきましたが、今回は体験を交えた企画で、これまで以上にスムーズに交流ができたようです。20時過ぎに会が終わっても、いくつかのグループが残って話を続けている様子が印象的でした。

運営に携わった日本文化発信プロジェクトの学生から寄せられた感想を紹介します。

○狂言についての発表でのリアクションや、質問コーナーでの途切れない質問に、自分が思っていた以上に狂言に関心が持たれていることを実感しました。

○今回の活動で、学外の人との交流で、自分たちの活動を振り返り、またその意義を感じることができ、大事な機会だったと思います。交流会を通して異文化を伝えるには、やはり本物を見せること(プロフェッショナルである野口さんに来ていただき実際に狂言を見てもらうこと)、座学だけでなく体を動かす時間があることが大切だと感じました。

○前半は教える立場、後半は教えられる立場を経験した。二つの立場を短い時間で経験したことで、何も知らない無垢の状態に新しい知識を伝える行為は、伝えられる方の興味をどれだけ惹けるかが重要であることを実感した

○TUJの先生から、「日本人には違和感なく、外国人にも理解できる発表だった。」ということを聞き、自分たちは外国人に理解してもらうにはどうしたら良いかということを一番に考えていたが、専門用語などが多くある場合、それをあまり知らない人に教える時には簡単な言い回しにすることが日本人にとっても必要だと思いました。

○今まで何度か留学生と話をする機会があったので、今回の発表でもゆっくりと分かりやすい言葉で話すことを意識しながらできました。
後から留学生の方に内容を理解できたか質問したところ、わかりやすかったと言って貰えたので良かったです。参加された皆さんも楽しそうにしていましたし、狂言に興味を持ってもらえてとても嬉しいです。私自身も新しい知識を身につけることができたので、有意義な時間でした。

今回の企画は、これまで留学生との交流を経験してきた学生達にも、新たな気づきがあったようです。TUJとの交流をきっかけに、更に視野を広げ、これからの学びに活かしていくことを期待しています。

― 日本語日本文学科 教授 山本晶子

関連リンク

日本語日本文学科について
スーパーグローバルキャンパスについて
日本語日本文学科 学科ブログ

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.