グローバル

昭和女子大学の特色ある教育をまとめました

 日経BP発行の「日経トレンディ」2019年9月号で昭和女子大学が紹介されました。従来の良妻賢母育成の印象を脱却し、グローバルに活躍するビジネスパーソンの育成において存在感を見せているとして、グローバルビジネス学部のプロジェクト活動や、海外留学が必修であるビジネスデザイン学科、本学独自のキャリア支援制度「メンター制度」などが取り上げられました。

社会課題を解決するプロジェクト活動

 プロジェクト活動とは、企業や自治体などの課題を、専門知識を活かして解決することで、日々の講義で学んだ知識を実践を通して身に付けるものです。専門知識を深めるだけでなく、社会人とのコミュニケーションスキル、チームワーク、リーダーシップを学ぶことができます。


インバウンド戦略で出荷数300%増に成功企業の課題を専門知識で解決したプロジェクト(クリックで詳細)

井の頭線沿線の価値を新たに創造するプロジェクトを展開(クリックで詳細)

海外留学するなら昭和女子大学

 昭和女子大学の国際学部(国際学科・英語コミュニケーション学科)、グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科は海外留学が必修となっています。
 また、昭和女子大学には海外キャンパス「昭和ボストン」があり、多くの学生が海外での学びにチャレンジしています。昭和ボストンには、英語学習やビジネス、アート、メディアなどの専門分野を短期間で集中的に学んだり、15週間以上の長期プログラムなどが揃っています。留学が必修の学科に限らず、全学科の学生が留学できます。
 さらに2019年9月には米国テンプル大学の日本校・テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)が昭和女子大学の敷地内に移転します。日米のキャンパスを同一敷地内に置くのは日本初です。多国籍の学生がキャンパス内で交流するグローバルな環境が整います。
 ますます進化する昭和女子大学のグローバルな学びについてはこちら。

身近な相談相手・社会人メンター

 昭和女子大学では、様々なキャリア支援の取り組みを行い、独自の「メンター制度」を展開しています。
 第一線で活躍中の方や子育て中の女性、さらには起業や転職を体験された方など、幅広い年代、職種、ライフスタイルの女性が「社会人メンター」として本学に登録し、自身の職業経験、生活体験から夢を実現させるために学生にアドバイスをしています。
 定期的に開催されるメンターフェア、メンターカフェ、個別メンタリングを通して、学生たちは在学中から多様な社会人女性と出会うことができます。
 昭和女子大学のキャリア支援制度についてはこちら。

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.