プレスリリース

昭和女子大学×株式会社ダイエー 未来型『スマートストア』の実証実験を開始
―新しい買い物の形「ウォークスルー決済」実施―

 昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子、東京都世田谷区)は7月22日(月)から、株式会社ダイエー(本社・東京都江東区)と連携し、未来の店舗「スマートストア」の実証実験を行います。レジを通すことなくキャッシュレスで買い物する「ウォークスルー決済」を試みます。
急速に進むデジタル化・キャッシュレス化を受け、ダイエーと連携して大学の学生ラウンジにて「スマートストア」の実証実験を行います。売り場は、クラスメソッド株式会社(本社・東京都千代田区)が開発した「ウォークスルー決済」の仕組みを利用。デジタル陳列棚が重みなどで手に取った商品を認識し、スマホにダウンロードした専用アプリと連動して、売り場から出ると自動的にクレジットカード決済される、レジのない店舗を展開します。
 実証実験では、店内のカメラとセンサーで利用動向をデータ化し、学生がコンピューターで分析して先端のデジタルマーケティングを学びます。また、期間中は学生が店舗に常駐して、買い物客の視点から、より利用しやすい店舗改善策などを提案する計画です。

スケジュール

【期間】7月22日(月)~31日(水)土日除く、10:00 – 17:00
【場所】昭和女子大学8号館 1階学生ホール(東京都世田谷区太子堂1-7-57)
【売り場面積】2.5 メートル × 2.5 メートル
【対象商品】菓子類約50品目

本件に関するお問い合わせ

昭和女子大学広報部 TEL:03-3411-6597

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.