授業・学生の活躍

【歴史文化学科・授業紹介】中世の紙「羊皮紙」を作る―原典講読

各学科が更新しているブログから記事をピックアップ! 今回は歴史文化学科の記事です。

 西洋史の山本です。こんにちは。
 私が担当している「原典講読」は、西洋史専攻を希望とする歴史文化学科の2年生以上の学生を対象とした授業です。西洋史で卒論を書く上で必要となる外国語の文献の読解法のみならず、歴史史料がどのような状況で具体的にどうやって書かれているのかも学んでいます。
 今回はそうした試みの一環として、「羊皮紙工房」として活動されている八木健治先生を講師としてお迎えして、「羊皮紙実習」を行いました。「羊皮紙」parchmentは(ヒツジに限らず)動物の皮を原料とした紙で、中世における主要な筆記道具でした。また中世末期に「紙」が普及した後も、羊皮紙には特別な価値が置かれていました(例えばイギリスでは、最近まで法律は羊皮紙に記されるよう定められていました)。この羊皮紙はどうやって作られるのでしょうか。
 今回の実習では、まず3つの動物(ウシ、ヒツジ、ヤギ)の皮から作られた羊皮紙に触れ、それぞれにどのような違いがあるのか、そして用途に応じた使い分けはどうであったのかを学びました。


羊皮紙の肌触りを確認します

 その上で、八木先生にご用意いただいた中世から近代にいたる膨大な羊皮紙のコレクションを見せていただきました。コピト語で書かれた7世紀のものから、19世紀アメリカの大学の卒業証書まで大変貴重な写本群ですが、なんと自由に触らせていただきました。

神聖ローマ皇帝カール5世発給の授爵証書(16世紀)に触れる

 そしていよいよ羊皮紙の作成に入ります。羊皮紙制作の工程は、まず動物の皮を剥いで汚れを落し、それを消石灰の水溶液に漬け、アルカリにより体毛が抜けやすくする作業から始まります。今回はそこまでご準備いただいた上で、実習に入ります。


「押す」ようにして毛を取り除きます

 体毛が抜けたら皮は木枠に縛りつけて伸ばし、ナイフや軽石で残った毛や脂肪を丹念に取り除きます。


皮を張りつけ、毛や脂肪を削り取ります

 ナイフや千枚通しなど日頃は触れることのない道具を使った作業ですが、さすが歴史文化学科の学生は日頃の授業やプロジェクト活動で鍛えられているのか、なかなか上手にこなしておりました。

 この後、皮を乾燥させ、さらに研磨することで「羊皮紙」の完成となりますが、今回の作業はここまでです。
 最後に羊皮紙への筆記の実習を行いました。羽根ペンはご存知だと思いますが、中世のインクはどのようにして作られるのでしょうか。原料となる虫こぶ、鉄(硫酸第一鉄)、ワイン、アラビアゴムに関する説明を受け、実際に各自で調合して筆記を行いました。

 千年以上も残る驚異のテクノロジーです
 このようにして「原典講読」の羊皮紙実習は終わりました。参加した学生の感想を載せておきます。

こんな貴重な体験ができて本当に楽しかったです! 紙一枚作るのにこんなに手間がかかっていたことも分かったし、インクも長持ちさせるために知恵が詰まっているなぁと感じました!(歴文Aさん)
実際にやる前に羊皮紙の種類や、昔の写本を見て比べました。その上で手を動かしながら学べたことが楽しかったです。(歴文Bさん)
想像していたよりとても面白かった、この仕事がやりたいと思った。(歴文Cさん)

 このような昭和女子大学の歴史文化学科では「手で考え、足で見よう」というコンセプトのもと、様々な実践的授業を行っております。興味を持たれた受験生や保護者の方は、ぜひオープンキャンパスに足を運んでいただきたいと思います。
 末尾ながら今回、ご指導いただきました羊皮紙工房の八木健治先生に、あらためまして御礼を申し上げます。

【告知】次回のオープンキャンパス 6月23日(日)10:00~15:00

“昭和女子大学ってどんな大学?”をテーマに大学の特色や概要をお話しする全体説明のほか学科イベント、企画学生スタッフによるフリートークなど盛りだくさんです。ぜひお越しください。詳しくはこちら

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.