グローバル

昭和女子大学と海外の大学の学位を取得する【ダブルディグリー・プログラム】

 昭和女子大学のダブルディグリー・プログラムとは、【昭和女子大学と、提携している海外の大学の2つの学位(卒業証書)】を取得するプログラムです。このプログラムに参加する学生は、昭和女子大学で3年間、海外の大学で2年、計5年間学びます。
 現在、上海交通大学(中国)、淑明女子大学校(韓国)、テンプル大学ジャパンキャンパス(米国)、クイーンズランド大学(豪州)の4大学とダブルディグリー・プログラムを実施しています。(2021年7月9日時点)
 
 ダブルディグリー・プログラムは、2013年度に国際学部を設置したことをきっかけに開始しました。入学後すぐにダブルディグリー・プログラム用の授業履修が始まり、提携している海外の大学への留学は3年次の秋から。それまでに定められた成績と語学力の基準を満たすことが条件となります。
 また、原則として本学5年間の授業料を負担することで参加できるので、より間口を広げて多くの学生がグローバルに学べる環境を提供しています。
 

ダブルディグリー・プログラム提携校と対象学科

 上海交通大学 (中国) / 国際学科
 淑明女子大学校(韓国) / 国際学科
 テンプル大学ジャパンキャンパス (米国) / 国際学科、英語コミュニケーション学科、ビジネスデザイン学科
 クイーンズランド大学 (豪州) / 国際学科、英語コミュニケーション学科
 
 2021年度入学の1年生の希望調査では、3学科で30人以上の学生がTUJとのダブルディグリーを志望しています。TUJは、文部科学省から「外国大学の日本校」に指定されており、米国本校と同じ学位を日本で取得できる大学です。現在、TUJには約60の国や地域から学生が集まり学んでいます。TUJと本学とは、全学生を対象に授業履修や単位互換制度を実施していますが、2019年9月にTUJの校舎が昭和女子大学の敷地内に移転したため、海外滞在費や航空運賃などがかからない点でもこのプログラムは魅力的です。日米の大学が同じ敷地内にキャンパスを置くのは日本初。校舎が隣接するメリットを生かし、お互いに多くの学生が多様な人々と学びあい、交流することを期待しています。
 

ダブルディグリー・プログラム関連記事

オーストラリア州立クイーンズランド大学とのダブルディグリー・プログラム開始(2021年7月9日)
テンプル大学ジャパンキャンパスとの連携 — グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科でもダブルディグリー・プログラム開始(2021年5月17日)
上海交通大学とのダブルディグリー・プログラム第4期生を輩出 – 両大学の学位取得者8人が卒業(2021年3月19日)


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.