昭和学報

学報委員で新聞社見学

記者紹介

加藤 すみれ(かとう・すみれ)
千葉県在住で現在は人間社会学部心理学科三年の学報委員長。
学報委員会に入ったきっかけは「文章を書くのが好きだから」であり、大学では文芸部にも所属している。趣味は読書とボードゲームと登山。

**************

 昨年12月末、昭和女子大学学報委員7人で読売新聞東京本社に見学に行きました。
 まず読売新聞社についての詳細な説明を受けてから、科学や政治、スポーツなど様々な部署に分かれて実際に記事を作成している編集局を見学しました。さらに新聞を大量に高速で刷り上げる工程の図解を見て、私達の身近にある新聞がどのような過程をへて自宅に届くのかを学びました。
 その後、架空の町を舞台に、与えられた情報から自分たちで取材対象を探してインタビューし、記事作成を体験する取材体験に参加し、有意義な経験をしてきました。

 情報発信は常に時間との勝負であり、社内に世界各地の時刻を表示した時計やテレビモニターが設置されていたのが印象的でした。
 今年も学報委員の学生が発信する「昭和学報」をよろしくお願いします。

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.