昭和学報

「キャリア形成の原点に戻る」をテーマに社会福祉学会開催

 10月13日、昭和女子大学人間社会学部福祉社会学科で「キャリア形成の原点に戻る~譲れぬ思いと私の誇り~」をテーマに、社会福祉学会を開催した。
 会は前後半の2部構成で、前半は特別講演「夢をあきらめない」と題して、北京オリンピックシンクロナイズドスイミング日本代表の石黒由美子氏をゲストに招き、交通事故の後遺症を克服し、オリンピック出場を果たすまでの奇跡の体験を語ってもらった。

 後半の分科会では、この学会の場を「原点に戻る機会」と位置づけ、9人の卒業生から社会に出てからのキャリア形成について話を聞いた。
それぞれ自治体のケースワーカーや介護福祉施設、特別支援学級、子育て支援センター、公立保育園、老人ホーム、手話通訳、まちづくりコンサルタント、IT企業などで、住民が必要とする多様な場で活躍していた。また、在学中のみならず卒業後も資格を取得をしたり大学院に進学したりするなど、キャリアアップし続けた貴重な体験を聴くことが出来た。
 この学会を通し、前半では夢に向かって進むこと、自分を信じることの大切さを学び、キャリアビジョンについて考えた。そして、後半では夢を実現するステップアップの方法を具体的に聞くことでキャリアプランを考えるきっかけとなった。

記者紹介

杉山菜月 (すぎやま なつき)
神奈川県出身、人間社会学部福祉社会学科3年の学報委員。
趣味は散歩。最近は三軒茶屋のベーカリー巡りにはまってます。

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.