掲載情報

「1億円」を動かす
株取引を仮想体験、グローバルビジネス学部のユニーク講座

 読売新聞が10月21日朝刊の「進学特集」で、グローバルビジネス学部の授業「実験ファイナンス」をレポートしました。今年度4大学で新設された学部それぞれのユニークな内容を紹介しています。
 今回取材された「実験ファイナンス」は、会計やファイナンスの基礎を修得してから学ぶ専門科目。VTSS(Virtual Trading Simulation System)というソフトを用いて株式仮想投資を行います。学生たちは1億円を元手に、株式取引をコンピュータ上でシミュレーションします。ニュース、業績、為替変動などの情報をもとに株の売買を行っていきます。社会の動きを反映して為替や株が変動することを学んでいきます。
 授業を担当するのはグローバルビジネス学部会計ファイナンス学科山田隆教授・学科長。過去にファンドマネジャーとして20年間、投資家の資金運用を担当した実務経験者でもあります。

 グローバルビジネス学部はビジネスデザイン学科・会計ファイナンス学科の2学科構成。
会計ファイナンス学科ではすべての学生が日商簿記2級・ファイナンシャル・プランニング技能士3級の合格を目指しており、資格取得対策講座も充実しています。

 Virtual Trading Simulation Systemは、効果的な経済投資教育を行うために株式会社シンプレクス・インスティテュートが開発した投資シミュレーション・システムです。

関連記事

昭和学報「日商簿記合格目指し二泊三日の猛特訓ー会計ファイナンス学科」

会計ファイナンス学科 特設ウェブサイト
会計ファイナンス学科ブログ「これが株式仮想売買シミュレーションだ!! [2017年11月09日]

グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科紹介ページ
会計ファイナンス学科紹介ページ

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.