授業・学生の活躍

大地の芸術祭に「森ノウチ」出現
生活科学部環境デザイン学科 杉浦久子+杉浦友哉+杉浦ゼミ

過疎化が進む豪雪地の越後妻有(新潟県十日町市・津南町)が舞台。2000年から3年に1回開催する大地の芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ」に環境デザイン学科杉浦ゼミの6作目が完成しました。「森」をテーマにしたインスタレーション(空間設置)「森ノウチ」。地元の様々な人たちを巻き込んで活動を拡げています。
場所は十日町中心街から一歩入ったところ。5分も登ると市街地が一望できる環境ですが、冬は豪雪で立ち入れず地域で忘れられつつあります。
鎮守の森の高い杉の木や住民が植えた桜の森。奥に広がるポッカリと空間に「森ノウチ」はあります。その姿はこの地に眠る野生のエネルギーをはらんで大地から芽吹き、天と地、自然と人工を繋いでいるようです。

前回と同じ場所で、テーマを山から森へと変化させて自然のエネルギーや縄文的なワイルドさを表現しました。素材は竹で南京玉簾の仕組みを応用して組んでいます。
竹を切り、組み立て、設営するまでの工程を全て地元の方々と学生たちで進めました。完成まで想像以上に時間と手間がかかり、期限を切りながら作業をしました。多才なメンバーの協力で、すばらしい作品が完成したと思っています。作品を見るために多くの方が足を運んでくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。
今後も進化し続ける杉浦ゼミにご期待ください。(ゼミ学生代表 篠木美桜)

作品名

森ノウチ

出展者

杉浦久子+杉浦友哉+昭和女子大学杉浦ゼミ

場所

新潟県十日町市・諏訪神社の山の尾根(ライオンズの森)

大地の恵みを味わえるよう地元の食材を使った出張販売を地域の飲食店にお願いしました。
十日町のスペシャリテを楽しみながら素敵なひと時を。


森ノウチですてきな軽食も楽しめます

会期と問い合わせ先

会期

7月 29日(日)~ 9月17日(月)

問い合わせ

大地の芸術祭 実行委員会事務局
新潟県十日町市旭町251番地17 十日町市総合観光案内所内
info@echigo-tsumari.jp

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.