授業・学生の活躍

環境デザイン学科がスマートフォンでコラボイベント

 生活科学部環境デザイン学科とGalaxyとのコラボ企画「OUR NOTES -私たちのノート-」が、東京・原宿の「Galaxy Showcase」で開催され、50人の学生が参加しました。

スマホをアート作品に

使用したスマホは、タッチペンで画面上に自由にイラストを描けるGalaxy Note8。学生たちは、撮影したポートレート写真の上に”落書き”するなど、個性豊かな作品を来場者に披露しました。

 学生からは、「毎日持ち歩いていれば、ひらめいた時にすぐ描き始めることができる。思ったことをサッと表現すれば、常識や先入観にとらわれず自分なりのアートが創造できる」と感想を述べました。
 担当の石井大介専任講師は、今回の取り組みについて「最新ソフトウェアの体験に加えて、Galaxyブランドやグローバル企業についても学べた。ブランド戦略や生活者へのアプローチなど、学ぶことが多くありました」とコメントしました。
 発表を聴いていた学生から次々と質問や意見が飛び交い、熱のこもったイベントになりました。

最先端のテクノロジー体験も

 会場では、スマートフォンのほかにもGalaxyブランドで展開している最新技術が展示されており、学生たちはVR(バーチャル・リアリティ)で360度回転するアトラクションや、4次元のシューティングゲームなどの先端技術に触れ、歓声をあげていました。

 環境デザイン学科とGalaxyブランドとの産学共同プロジェクトは昨年からスタートし、昨年は石井研究室の学生が企画・制作した小冊子をイベント会場で配布しました。

 今年の「Galaxy Showcase」は原宿 BANK GALLERY にて9月中旬まで開催される予定です。

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.