昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

インターネットモラル

インターネットモラル インターネットモラル
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 在学生の方へ>
  3. メディアサービス
  4. インターネットモラル

インターネットモラル

ネット上でもパブリックな場所でも、「昭和女子大学の学生」として品位を保ちましょう

SNS利用について

SNS上でも実社会のルールを守ろう

SNSサービスを利用する際は掲載内容に注意し、他人のプライバシーの暴露やアルバイト先などで業務上知り得る情報の公開、公序良俗に反することなどを掲載しないようにしてください。

 プライバシー暴露 友だちの写真を勝手にアップロードする、など。
 業務上知り得る情報の公開 バイト先や大学の内部情報などを無断掲載する、など。
 公序良俗に反する行い 未成年の飲酒行為をアップロードする、など。
 誹謗中傷 匿名で友だちの悪口を言う、先生や授業の悪口を言う、など。

SNS利用時の心構え

 昭和女子大学の目指す女性の在り方をまとめた、校訓三則という目標がインターネットモラルを考えるうえでヒントになります。SNS上でも実社会同様の心づかいが必要であり、校訓三則に沿って自分を磨いていけば、ネットの向う側の人たちに対してどういう心構えで交流していけばよいかが見えてきます。

清き気品

清き気品とは、清楚な品位を保つことです。これは、あたたかく広い心で人と接すること、相手の気持ちを思いやること、礼節を重んじることなどで身につけることができます。ものの考え方から身の処し方、そして服装にいたるまで、学園で学ぶ者として清楚な品位を保つことが大切です。

篤き至誠(あつきしせい)

篤き至誠とは、自分と同様に他を愛し、愛と理解と調和を実践し、誠実に日々精進することです。正しいと思うことは勇気を持って行い、学友との交流を大切にし、公共の施設を使用する際には行き届いた配慮をすることが、この精神体得に通じる道です。

高き識見

高き識見とは、志高く豊かな知識を持ち、広い公平な判断ができることです。専門とする学問に真剣に取り組むこと、また、専門以外の知識を深め内面を磨き、懸命に生きる道を探求することです。

ネットトラブル事例

SNSはリアルな世界とリンクしているため、いつもどおり日常を、まじめに過ごしているつもりでも、予期せぬ被害に巻き込まれやすいので気をつけましょう。

SNSストーカー

SNS上のストーカーから発展して、実際に待ち伏せされたり住所を調べられることもあり得ます。
自身はもちろん、大切な友だちの写真をアップするときは相手に迷惑がかからないように注意しましょう。

SNSスクリーンショット

SNSのやりとりをスクリーンショットに撮って投稿するという風潮があります。SNSの公開範囲を制限したり、非公開アカウントにしていたとしても、その画像を保存した人がネット上に流出させることは可能です。

SNSなりすまし・嫌がらせ

リアルな世界でのトラブルをSNSに持ち込み、実在しない人物になりすまして悪口を書き込むなどの行為がありえます。また、SNSの世界で「見なくても良いものまで見えて」しまい、SNSに書かれた悪口、意見の対立、ネガティブな言動、知らなくてもよい友だちのプライベート情報などが原因で、SNS上の嫌がらせトラブルに発展することもあります。悪質な誹謗中傷や書き込みがあった場合はサイト管理者に削除依頼をしたり、身近にある専門機関に相談できます。
○都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口など一覧
http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

SNSを通じて知り合った人からの誘い出し

良い人や安全な人のフリをして、若いみなさんに近づき、よからぬ事をしようとする人もいます。見知らぬ人に心を許して、連絡先を交換したり、実際に会ったり、あまりにも私的な画像・動画を送信する行為は避けてください。

巻き込まれそうになったら

解決できないと感じた場合はすぐに相談

・学科教授室
・クラスアドバイザー
・学生支援センター(1号館1階)
・学生相談室
・コンピュータ事務室(8号館6階)
LINEで送る