お知らせ

光葉博物館 春の収蔵資料展『自然・くらし・心 沖縄の民具と工芸 -川平朝清コレクションを中心に-』開催中

昭和女子大学光葉博物館では、6月26日まで『自然・くらし・心 沖縄の民具と工芸 -川平朝清コレクションを中心に-』を開催しています。
沖縄復帰50年を記念し、名誉理事・名誉教授の川平朝清氏から寄贈された民俗資料を中心に、自然の恵みを活かす沖縄のくらしを紹介しています。
 
2022年は沖縄が日本に復帰して50年となる節目の年です。川平氏は琉球王朝に仕えた祖父をもち、戦後、沖縄初のラジオ局でアナウンサーを務め、沖縄のラジオ・テレビ放送の普及発展に尽力しました。川平氏から寄贈されたクバ製の笠やアダン製のムシロをはじめ、琉球びんがたや壺屋焼など、民具と伝統工芸品を展示し、沖縄ならではの自然素材をいかしたくらしぶりを紹介します。
5月15日(日)には、川平氏によるトークイベントを予定しています。
ぜひお気軽にご来館ください。
 

昭和女子大学光葉博物館 沖縄復帰50年記念 春の収蔵資料展
『自然・くらし・心 沖縄の民具と工芸 -川平朝清コレクションを中心に-』

【期  間】2021年4月2日(土) ~ 6月26日(日) 10:00~17:00 (土曜・日曜・祝日・5月2日は休館)
※4月30日(土)・5月15日(日)、6月19日(日)、6月26日(日)は開館します。
※5月15日(日)は、川平氏によるトークイベントを予定しています。詳細は、4月13日以降に光葉博物館のウェブサイトでお知らせします。
 
【場  所】昭和女子大学光葉博物館 (東京都世田谷区太子堂1-7-57)
 
【入 館 料】無料
 
【展示資料】
・クバ笠、クバジー(水汲み)、ティール(背負い籠)、シリウーシ(籾摺り臼)など
・琉球びんがた、壺屋焼、琉球漆器など
・アンガマ面、琉球舞踊人形、ヤカジ、琉球張り子など
 
 

ご来館される皆さまへお願い

・キャンパスにご入構時は本学正門守衛室で、展覧会のご見学とお伝えいただき、「見学証」をお受け取り後、検温をして、ご入構ください。
・必ずマスク着用、手指消毒、距離をとっての見学など、感染防止にご協力願います。
・新型コロナウイルス感染拡大状況により日程を変更する可能性がございますので、ご来館前に当館ホームページで最新の情報をご確認ください。


 


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.