掲載情報

現代教養学科 八木 良広 助教 メディアへのコメント掲載

2021年11月23日
現代教養学科 八木良広 助教
日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)が、広島と長崎に落とされた原子爆弾で被爆した人たちの子どもにあたる被爆2世を対象とした全国調査の結果を公開した件について、11月22日に記者会見を行いました。八木助教は調査のとりまとめを担当しました。

◎ 2021年11月22日 
NHK NEWS WEB(長崎NEWS WEB)
「被爆2世」調査 不安を感じる回答が60%に 国の支援を(外部リンク)

下記メディアには、教員のコメントが掲載されました。(順不同)

◎ 2021年11月23日付
朝日新聞朝刊27面および朝日新聞デジタル
被爆2世「不安や悩み」6割 うち78%「健康と放射線影響」 日本被団協アンケート(外部リンク)

毎日新聞朝刊17面および毎日新聞デジタル
被爆の不安、世代超え 「2世調査」被団協会見 初の全国規模実施 /東京(外部リンク)

東京新聞 TOKYO Web
被爆2世の6割、子どもや孫への影響などで「不安や悩み」 被団協が初の実態調査報告書を発表 (外部リンク)

しんぶん赤旗5面

八木良広助教の紹介はこちら


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.