プレスリリース

上海交通大学とのダブルディグリー・プログラム第4期生を輩出 – 両大学の学位取得者8人が卒業

 昭和女子大学では3月16日に卒業式を執り行い、中国の国家重点大学である上海交通大学(中国・上海)とのダブルディグリー・プログラムを終了し、2つの大学の学位を取得した国際学部国際学科の学生8人が卒業しました。
 
 ダブルディグリー・プログラムは昭和女子大学で3年、海外のプログラム提携校で2年、計5年間学び、2つの大学の学位を取得するものです。
本学は上海交通大学と1992年に国際交流協定を締結し、2013年度からダブルディグリー・プログラムをスタートさせました。第1期生(2017年度)は10人、第2期生(2018年度)は12人、第3期生(2019年度)は4人が両大学の学位を取得しています。
 

前身頃が赤いガウンは上海交通大学、黒いガウンは昭和女子大学のもの。
2つの大学の学位を取得することで、両方のガウンを着用できる。

 
 上海交通大学に次いで、韓国のソウル女子大学校と淑明女子大学校、アメリカのペンシルベニア州立テンプル大学ジャパンキャンパスとも実施しています。これまでのプログラム参加学生数は次の通りです。
 
   上海交通大学: 47人
   ソウル女子大学校: 10人
   淑明女子大学校: 2人
   テンプル大学ジャパンキャンパス: 4人
 
 

関連リンク

上海交通大学ダブルディグリー生が全日本中国語スピーチコンテスト東京大会「弁論の部」で1位に

テンプル大学ジャパンキャンパスと2大学の学位取得  ダブルディグリー・プログラムに1期生4人が挑戦


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.