プレスリリース

11/9(月)昭和女子大学創立100周年記念シンポジウム「女性リーダーは世界を変える」開催

 昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子:東京都世田谷区)は、創立100周年を記念して公開シンポジウム「女性リーダーは世界を変える」を11月9日(月)にオンラインで開催します。参加無料で、先着順1,000人でどなたでもご参加いただけます。
 世界経済フォーラムが毎年発表する「ジェンダーギャップ指数」で、日本は今年過去最低の121位になりました。政治・経済などのリーダー層を依然として男性が占め、女性が能力を発揮できる社会の実現がまだまだ遠い日本。この男女格差から脱却するために、私たちは何ができるでしょうか。
 1920年に開設した昭和女子大学は、100年の長きにわたり、社会と時代の要請する女性の育成に努めてきました。シンポジウムは、今春メディアで初めてジェンダー平等宣言をした朝日新聞社が共催し、大きく変化する時代に期待される女性リーダーのあり方を考えます。

昭和女子大学創立100周年記念シンポジウム「女性リーダーは世界を変える」

日時:11月9日(月) 14:00~16:00
会場:ライブ配信による視聴 (事前登録制・先着1,000名)
主催:昭和女子大学  共催:朝日新聞社  後援:30%Club Japan
参加:無料

 ・イントロダクション「100周年と日本における男女平等への歩み」
 ・開会あいさつ     朝日新聞社上席執行役員 町田智子氏
 ・基調講演「リーダー像のパラダイムシフト」
            昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子
 ・パネルディスカッション「未来志向のリーダーとは」
   パネリスト    花王株式会社 代表取締役社長 澤田道隆氏
            ボストンコンサルティンググループ マネージング・ディレクター&シニア・パートナー秋池玲子氏
            永山祐子建築設計 代表 永山祐子氏
   ファシリテーター 昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員 治部れんげ
 ・閉会あいさつ     昭和女子大学学長 小原奈津子 
 
  総合司会       昭和女子大学 グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科長 今井章子
 
応募締め切り:11/2(月)
以下のウェブサイトからお申し込み下さい。先着1,000名様に視聴用URLをお送りします。
http://www.asahi.com/ads/swu

昭和女子大学創立100周年

 1920(大正9)年、詩人人見圓吉・緑夫人が創設した日本女子高等学院に始まります。今では、こども園、初等部、中高部、大学、大学院を擁し、約9,000人が学ぶ教育機関へと成長しました。32年前に米国ボストンに海外サテライトキャンパスを開設、2019年には米国ペンシルベニア州立テンプル大学ジャパンキャンパスが世田谷の敷地内に移転し、スーパーグローバルキャンパスを実現しました。開学時に掲げた「高き識見、篤き至誠、清き気品」の基礎を備え、グローバルに通用する力を持った女性人材を育成していきます。
 100周年記念シンポジウムは今回を第1弾に、12月には第2弾「必要とされる女性経営人材とその育成」(主催・昭和女子大学、共催・パーソルホールディングス)を企画しています。

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.