昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

お知らせ

お知らせ お知らせ
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. お知らせ>
  3. トップページ>
  4. 環境デザイン学科 堤 仁美専任…

トップページ

環境デザイン学科 堤 仁美専任講師が 「第56回空気調和・衛生工学会賞技術賞」受賞

昭和女子大学生活科学部環境デザイン学科堤 仁美専任講師が評価・検証に携わった
「順天堂B棟~Metropolitan Medico-Arch Project 医療と建築の連携による都市型高層病院の創り込み~」 が第56回 空気調和・衛生工学会賞 技術賞 建築設備部門の表彰業績として選ばれました。

第56回空気調和・衛生工学会賞技術賞 建築設備部門 表彰業績
部門 技術賞 建築設備部門
業績名 順天堂B棟
~Metropolitan Medico-Arch Project 医療と建築の連携による都市型高層病院の創り込み~
受賞者
清水建設(株)、(株)日本設計、新菱冷熱工業(株)、(株)朝日工業社、
堀 賢 教授(順天堂大学)、長谷見 雄二 教授(早稲田大学)、堤仁美
 
堤仁美専任講師は建築環境学を専門としており、順天堂B棟内の天井放射冷暖房システムを持つ人工透析室内での温熱環境測定、患者・スタッフの快適性調査を順天堂大学・早稲田大学・清水建設と共同で行いました。その際、堤研究室に所属する本学学生(当時)も実測に参加し、学会発表を行いました。

関連記事:「日本建築学会大会で学生が発表しました」(環境デザイン学科オリジナルページ内ニュース 堤研究室の学生が順天堂B棟での実測結果を学会で発表)

LINEで送る