昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

お知らせ

お知らせ お知らせ
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. お知らせ>
  3. トップページ>
  4. 昭和女子大とインターネット協会…

トップページ

昭和女子大とインターネット協会次世代の人材育成に向けて提携 ~企業と大学教育が連携して社会(=企業)に役に立つ人材の育成を~

学校法人昭和女子大学(東京都世田谷区、理事長・総長:坂東眞理子、以下「昭和女子大」という)と一般財団法人インターネット協会(東京都文京区、理事長:藤原洋、以下「インターネット協会」という)は提携し、社会(=企業)の役に立つ人材育成に着手する。

昭和女子大学は、2018年4月から、昭和女子大学グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科内にICTイノベーションコース、ビジネスデザインコース、グローバルビジネスコースの3コースを設けることになった。

今後、IoTの爆発的な普及が予測なされる中、特にインターネットを活用した新たなビジネスを生み出すと共に、既存のビジネスを変革できる人材は企業にも必要とされる。こうしたことから、ICTイノベーションコースでは、特にICTを活用してイノベーションを創出できる人材育成を目指す。

インターネット協会が大学教育と連携してAfter Internet(インターネット登場以後)時代のデジタルネイティブ*な人材をより実践的に育成することは、インターネット業界にとっても非常に重要であると考え提携することとした。

具体的には、インターネット協会が設立したIoT推進委員会内に新たにIoT人材育成ワーキンググループ(WG)を設置し、インターネット協会及び会員企業とともに昭和女子大に新設されるコースの教育プログラムの共同開発及び講師派遣、昭和女子大の学生を対象にしたIoT共同実証実験の実施等を通じて、将来的には会員企業に対しても人材登用の道として貢献できると目論んでいる。

*デジタルネイティブ:学生時代からインターネットやパソコンのある生活環境の中で育ってきた世代

LINEで送る