昭和学報

【連載・第2回】スーパーグローバルキャンパスで初の「SWU – TUJ – BST共催シンポジウム」

 世田谷キャンパス内に並ぶ昭和女子大学(SWU)、テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)、ブリティッシュスクール・イン・トウキョウ昭和(BST)による初の「SWU – TUJ – BST共催シンポジウム」が7月10日に行われました。「日本の未来、世界の未来―グローバル社会に生きる責任」という全体テーマのもと、昭和女子大学のコスモスホール、オーロラホール、TUJの3会場に分かれ、学生と生徒がそれぞれ設定したサブテーマについて議論しました。
 記者:小幡 美仁・髙橋 未優・田丸 萌夕希・土居 果歩(五十音順・記者紹介は文末に記載しています)

学生、生徒による議論
テーマ1 TUJで他文化への不寛容の克服を議論

 TUJの会場では、「他文化への不寛容はどのようにしたら克服できるのか」というテーマ についてディスカッションが行われました。討論はTUJの先生方が質問した内容に対し、昭和女子大学やTUJの学生、BST、附属昭和高校の生徒が意見を述べる形で進められました。ディスカッションでは、文化や日本人に対する質問に対し学生、生徒が意見を述べました。以下質問と回答を紹介します。

質問1:皆が協力し合うコミュニティや文化を受け入れるために、私たちが出来ることは何だと思いますか。

  • 文化について語る場所が増えることや、私たちが普段当たり前のように食事をすること、寝るのと同じように受け入れるのが日常になることが大切であると思います。
  • 文化を受け入れるためには、受け入れられない人がいることも理解する必要があると思います。受け入れられない人がいるのもまた事実であり、この社会を作る一つの要素だと思うからです。
質問2:自分と異なる意見や価値観の人に出会った時、どのように違いに対して感じますか。

  • 自分と違う意見についていけなかったら、無理についていかなくてもよいと思います。
  • 大切なことは、その人を受け入れることや周りを理解した上で話すことです。その人がどのような個性を持っているのか考えることが重要だと思います。
質問3: 日本人は自分と異なる価値観や意見を持つ人と関わることに恐れを感じていると思いますか。

  • 文化を受け入れようという考えは多くの人が持っていると思います。多様性という言葉が広まってきたことにより、社会が少しずつ変化していると感じます。考え自体を変えることは可能であると思います。
  • 多様性という言葉は広まっていますが、具体的に何をするのかが広まっていないため、恐れを感じている人が多いのだと思います。まずはその人を知り、文化を知ることが必要であると感じます。
質問4: 日本人はなぜ同じことをすると思いますか。

  • 新しいことに挑戦するのが怖いからであると思います。日本人は特に見たことのない物や人に対して恐れを感じる人が多いからだと思います。
  • 同じことをしていた方が幸せだと思う人が多いからだと思います。集団の中で皆と同じことをして変な人だと思われないこと、浮かないことが日本人の暗黙のルールとして根付いているからです。

学生のうちから他文化に触れる

討論を通して、他文化への不寛容を克服するためには学生のうちから他文化に触れること、相手の言っていることが自分の考えと違っていたとしても、それも一つの意見として受け入れることが重要であるというまとめになりました。また、日本人は自分が見たことのない物や人に恐れを感じてしまうことが多くありますが、まずは相手がどのような人か知ることから文化の不寛容を克服する第一歩が始まるという結論になりました。

TUJ会場での討論を見学して

TUJ会場での討論を見学して、相手を知ることが、他文化への不寛容を克服する第一歩になると学びました。TUJには肌の色も国籍も異なる様々な人々がいます。文化を受け入れるというのはその人が持っている性格や価値観、意見を知って理解することから始まると思いました。これから色々な人に出会い、生活をしていく上で、まずは相手がどのような人であるのか知ることを心がけていきたいと思います。

学生、生徒による議論
テーマ2 多文化社会で生きるとは? BST運営で考える

 昭和女子大学オーロラホールでは、BSTの学生を中心に、テーマ②「多文化社会とは何か、多文化社会で生きるとはどういうことか」についてのシンポジウムが行われました。初めに3校の学生が各々調べたことを発表したうえで、その内容について、質疑応答形式で議論を交わしました。

1.多文化社会を多角的視点から捉える

 シンポジウムに参加した学生たちは、多文化社会を「多様な背景を持った人々が、形を変化させながら生活する社会」であると定義しました。その上で、ジェンダー・経済・教育・宗教といった視点から、多文化社会で起きる問題点についてそれぞれが調べて発表しました。以下その内容を紹介します。

ジェンダーからみた多文化社会

 TUJの学生は、宗教的理由から女性であることで教育を受けることが出来なかった、パキスタンのマララさんの例を挙げました。そして、「どのような文化や宗教であったとしても、政治や教育に対する機会があるべきであり、文化を理由にその機会が奪われてはならない」と強く主張しました。
 また、昭和女子大学の学生は、多文化社会として、私達はもっと性に寛容になるべきだと話しました。日本での多目的トイレの少なさを例に挙げ、誰でもトイレが増えれば、多くの人が住みやすい環境を作れると解決策を提案しました。多様な性が受け入れられる社会にするためには、性に対するイメージを変えていくことが必要不可欠であるとまとめました。

経済と多文化の繋がり

 多くの背景や経験を持つチームほど、同質的なグループよりも良い結果を得られるという研究結果から、BSTの学生は多文化社会と経済の関わりについて述べました。その繋がりの中での問題点として、異なった人が集まることへの不安や恐怖から結束力が弱まることを挙げました。その不安を取り除いていくことの重要性を解きました。また、昭和女子大学の学生は経済と国際的な関わりは深いと話しました。日本だけではなく、多くの国が関わり合うことで経済は発展するといいます。ですが、同時に中国とカンボジアといった先進国と発展途上国間での格差は広がっているという問題点を挙げました。

多文化社会での宗教

 多文化社会で生活することで、知識と信念を共有できるという長所を挙げました。ですが弊害として、文化的違いが障害を生み出すこともあります。例えば、宗教団体の中には、信仰を理由に医学的治療を受けられない団体もあり、宗教によって医療的決定権が得られない例だと言います。そのことを踏まえ、人々が知識を得ることができれば、人々が個人としての決定権を持てるようになると主張しました。

教育を受けることの重要性

 1人の学生は、多文化社会で生活することの利点として、沢山の人々が多くのことや人から学びやすくなることを挙げました。また、科学技術の発展によって誰もが教育を受けやすい環境になりました。同時に、多様な背景を持つ人が多く集まる社会では、誤解が起こりやすくなる面があります。今後の多文化社会では、その誤解を解消していくために、文化について知ることが出来るような教育を全ての人が平等に受けることが必要不可欠だと結論にいたりました。

2、多文化社会について考える

 以上の発表を踏まえて、疑問を感じた点について質疑応答が行われました。参加者の多文化社会への考え方や問題点がより明確なものへと変わっていったように見受けられました。参加した学生だけでなく、シンポジウムを聞きに来た家族や学生も積極的に質問していたのが印象的でした。以下質疑応答から一部を紹介します。

質問1:間違っている文化と正しい文化の違いは?

  • 定義することは難しいですが、他の文化や考えを差別することは、間違っている文化の例として挙げられるのではないでしょうか。性別や宗教によって、人権(Human rights)を奪う行為は間違っているといえると考えます。

質問2:(質問1の答えを踏まえて)間違っている定義は、自分(回答者)の背景を基に考えられているのであって、全ての人に当てはまらないのでは?

  • 人権(Human rights)というものは、様々な国が参加する国際連合によって定義されています。人権は人(Human)とついているように、人のためにある権利です。それは、人間(人)全員に当てはまると言えるのではないでしょうか。また、その”間違っている”という判断基準は時代背景と共に変化すると考えています。

質問3:アメリカでは、LGBTQの方が、キリスト教の考えを基にお店などでのサービスを断られることがあります。それについてどう考えますか?

  • キリスト教徒が、自分の信仰を理由にサービスを提供することを断る行為はその人にとっての一種の権利であると思います。ですが、それが単なる差別であってはいけません。サービスを断ること自体は否定しません。自分がなぜそのサービスを提供することが出来ないのか、その理由を共有しお互いの合意を得ることが必要になると考えます。差別に匹敵するのであれば、それは間違っていると言えるのではないでしょうか。

シンポジウムを終えてこれから

 グループ②のリーダーである学生は最後に、このシンポジウムを通じて大きな利益を得ることが出来たと話しました。多様な価値観や考え方に気付いたと言います。今回のシンポジウムで終わってしまうのではなく、今後もこのような活動をしていくべきだと、言葉の壁をこえて意見を交換することへの意義を強く唱えました。3つの学校(TUJ、昭和女子大学、BST)で学生団体を作り、様々なイベントを開催するという新たな挑戦を提案しました。

記者紹介※五十音順

小幡 美仁
管理栄養学科。趣味はフルートを吹くこと。学園イメージソングプロジェクトに参加している。
髙橋 未優
国際学科。学報委員長。好きなことは自然の中で過ごすこと。
田丸 萌夕希
好きな言葉はご縁。美術館巡りが趣味。
土居 果歩
英語コミュニケーション学科。太陽の光で目が覚めると幸せ。

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.