現代教養学科

現代教養学科 現代教養学科
前のページに戻る

教養で人間と社会の新たな価値を

期待する学生像

現代社会をみる「視座」を鍛え、社会に発信・表現する能力を磨きたい学生。幅広い知識に基づく的確な判断力を身につけ、社会の変化に柔軟に対応し、社会と積極的に関わりたい学生。「知」への楽しみを見つけたい学生の入学を期待します。

3つのポイント

多様化する現代社会の基礎となる教養を身につける

多様化する現代社会を見通し、自らと社会の未来を選択していくための基礎として、社会科学諸分野を横断的に学びます。1年次の必修科目で基礎を固めた後、“現代”を幅広く多角的にとらえるカを培います。

教養の一つとして必要なリテラシーを学ぶ

現代における教養の一つとして、学んだ知識を実践の場で活用する能力=リテラシーを重視しています。多彩なアクティブラーニングによって、日本語やメディア・社会調査・プロジェクトに関するリテラシーを身につけます。

身につけた教養を磨く場としてプロジェクトに取り組む

授業を通して身につけた多角的な知識や理論・リテラシーを、プロジェクトへの参加を通して、実践的に磨いていきます。大学の外部とも積極的に関係性を築きながら、教養を確実に自分のものとします。

取得できる資格

  • 社会調査士
  • 高等学校教諭一種(公民)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 学芸員
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 日本語教員(大学認定証)

トピックス

社会を知るためのスキル―社会調査の方法を学び、実践する

社会を知るためのスキル―社会調査の方法を学び、実践する 現代教養学科では「社会調査士」の資格を取得できます。複雑化する現代社会の問題を捉えていくためには、社会調査の専門的な知識や技術が不可欠です。

フィールド調査―国内外のフィールドに出て調査する

フィールド調査―国内外のフィールドに出て調査する 「社会調査研修」では、国内外のフィールドを実際に訪れ、その地域の歴史や文化、環境を体験します。2017年度には東京にある様々な自然や農業を守る取り組みについての現地視察と、新潟県魚沼市における地域活性化のためのPR活動への協力を行いました。また2018年度にはドイツの環境先進都市であるフライブルクやカールスルーエを訪れ、再生可能エネルギーやゼロエミッションの取り組みについて現地視察を行いました。

カリキュラム

社会科学分野を中心に学び、現代社会の諸問題を探究する

1・2年次の「現代教養入門」で社会を読み解くための基礎的な方法を学び、「社会をみる目」「メディアをみる目」「世界をみる目」などの科目で“現代”を幅広く多角的にとらえる力を培います。2年次からは学際的な学びを活かしながら専門科目を履修し、社会科学の関心を深めていきます。日本語と情報リテラシーを確実に身につけ、2年次以上では専門領域とリンクさせながら、表現力と発信力、情報分析能力を磨き、自分の意見や主張を論理的かつ魅力的に伝える力を養います。また、PBL科目では企画の立案や、その実行に関する知識やスキルを学ぶことで、課題発見解決型学習を進めます。3年次から専門領域に分かれてゼミに所属し、4年次で卒業論文を仕上げます。

カリキュラム

私のキャリアデザイン

地方活性化のためにメディアができることを探りたい

訪日外国人への対応を提案できる公務員をめざして
森 美香子 現代教養学科 4年
新潟県 県立高田高等学校出身

何を学んでいますか?

もともと興味があったメディア関連の授業だけでなく、気になる授業は何でも履修しました。印象に残っているのは、3年次に参加した「社会調査研修」です。実際に地方に足を運び、その街のプロモーションビデオやポスターを制作。街の魅力を外の視点から発見し、それを形にするのは難しかったけれど、大きなやりがいも感じました。

これから取り組みたいことは何ですか?

地域に根ざしたメディアに関わりたいという思いがあり、ケーブルテレビ局に就職します。今はメディアを利用した地方PRについてのリサーチを進めています。地方が抱える問題を解決するためには、メディアをどう利用するのが効果的か、それによって地方や人はどう動くのかを卒業論文で明らかにしていきたいと思います。

経験を積み重ねるたびに、成長していることを実感

幅広く学び、その中から自分の「軸」をつくる
川野 裕子 現代教養学科 3年
東京都 都立豊多摩高等学校出身

何を学んでいますか?

一つひとつの授業を通して、知識だけなく将来のキャリアに必要なスキルが身についていると感じます。例えば司書関連の授業ではリサーチする力が身につき、社会調査士の授業では得た情報を使いこなせるようになりました。また「社会調査研修」では、計画的に物事を進めるスキルを高めることができました。

これから取り組みたいことは何ですか?

環境に興味があるので、環境デザインのゼミを選択。卒業論文では再生可能エネルギーについて研究したいと思っています。今後は授業だけでなく、キャリア支援に関するイベントを企画する「光葉キャリア塾」や、社会で活躍する女性と接する「メンターカフェ」に積極的に参加し、幅広い知識を身につけていきたいです。

卒業生の就職・進学実績

就職先
総合職 イッツ・コミュニケーションズ、QVCジャパン、鉄建建設、トランスコスモス、日本年金機構、日本マスタートラスト信託銀行、日立ハイテクソリューションズ、ミサワホーム、横浜農業協同組合
準総合職 オリエントコーポレーション、群馬銀行、千葉銀行、三菱地所ハウスネット、明治安田生命保険
営業職 第一生命保険、日本生命保険
企画・広報 トランスコスモス
一般事務職 JA三井リース、信越化学工業、水ing、住友化学、住友電気工業、東海澱粉、東京エレクトロン、東ソー、日鉄エンジニアリング、日本製鉄、日本ハウズイング、阪和興業、みずほフィナンシャルグループ、三菱食品、三菱電機、三菱UFJ銀行
販売職・サービス職 コーセー、資生堂ジャパン
システムエンジニア トランスコスモス
公務員 神奈川県横浜市
年度 2015 2016 2017 2018
就職率 98.9% 96.8% 98.9% 98.9%
進学者数 0名 0名 0名 0名

※就職率は、就職希望者に対する就職者の割合です。
※2018年度のデータは、2019年3月現在のものです。

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.