食安全マネジメント学科

食安全マネジメント学科 食安全マネジメント学科
前のページに戻る

食の安全を総合的に支える

期待する学生像

食と栄養、マネジメントに関する基礎知識および食品の安全性確保に関する基礎から応用までの知識と技術を身につけようとしている学生。科学的知識を基に、食品のマーケティング、マネジメントを身につけ、国際社会の中で活躍しようとしている学生。

学科の特色

食と食品の安全性を学ぶ

食品の種類、成分、健康機能、加工・保存方法、衛生管理や品質管理、企画、開発など食の安全を、人体のしくみとあわせて学びます。豊富な実験実習科目を通し科学的根拠に基づく理論を体系的に身につけます。

フードビジネスを学ぶ

多様化、複雑化する食の領域において、原材料から製品製造、流通、販売、輸出入に至る流れを総合的に学びます。安全性や商品性の高い食品を消費者に提供するためのマネジメントを重視したカリキュラムです。

昭和ボストンへの留学・企業とのコラボで学ぶ

昭和ボストンへの留学と、企業や行政などとの協働による『プロジェクト演習』を選択することができます。これらのプログラムを通して多様化した実社会で活躍できる力を養います。

取得できる資格

  • 食品衛生監視員(任用資格)
  • 食品衛生管理者(任用資格)
  • HACCP 管理者

トピックス

ボストンサマーセッションフードマネジメントコースが新設されました

昭和ボストンに留学し、現地の文化に根ざした食と食品の安全性について、フィールドワークを含めた体験学習をします。

食安全マネジメント学科主催の公開講演会が行われました

10月6日に昭和女子大学グリーンホールにて、『知っておきたい食品の安全・安心の取り組み~情報で繋ぐ消費者とメーカー・行政~』というテーマで、公開講演会が行われました。

【ベーカリー&カフェジャパン2018】に出展しました

7月17〜19日に東京ビッグサイトで開催された「ベーカリー&カフェジャパン2018」に食安全マネジメント学科のブースを出展し、学生が学科で学んでいることを紹介しました。

カリキュラム

食のフィールドで幅広く活躍できる力を身につける

食の安全と、流通・経済・経営を軸としたマネジメントの両方に通じ、トータルマネジメントの力をバランスよく身につけます。製造や加工を行う施設において食品衛生上の管理運営を行う業務に従事する食品衛生管理者、港・空港の検疫所等において輸入食品の安全監視及び指導、検疫・感染症の国内への侵入防止の業務等に従事する食品衛生監視員、HACCPシステムの専門知識を持つH A C C P 管理者の資格を取得できます。マーケティング、マネジメントは、社会調査、店舗経営からリスクマネジメント、ビジネスプランの策定等、基礎から応用まで学びます。さらに企業や地域と関わるプロジェクト演習を通して、教室で学んだ知識を実践します。

カリキュラム

私のキャリアデザイン

授業で受けた刺激が次の学びへのモチベーションに

授業で受けた刺激が次の学びへのモチベーションに
中島 萌絵 食安全マネジメント学科 2年
神奈川県 横浜市立南高等学校出身

何を学んでいますか?

まず経済学や栄養学、生理学、食品材料学、食品安全学などを学び、その後にそれまで学んだことが一つにつながっていく実習があります。これがとてもおもしろく、一つひとつの授業が将来につながることを実感できます。また、社会で活躍する外部講師による授業はとても興味深く、受講するたびに大きな刺激を受けています。

これから取り組みたいことは何ですか?

「輝け健康美プロジェクト」の授業で行っている、企業とのコラボレーションによるメニュー開発など、実践的な活動を続けていきたいと思っています。また「産業流通論」で食品・飲料メーカーについて学ぶうちに、もっと企業を知りたいと思うようになりました。これからは自主的に企業をリサーチしていきたいです。

食について幅広く学び、正しい食の知識を発信したい

食について幅広く学び、正しい食の知識を発信したい
渡邊 梨果 食安全マネジメント学科 2年
新潟県 私立新潟第一高等学校出身

何を学んでいますか?

食に関することのすべてを、いろいろな視点から学んでいます。例えば、食品を扱う企業の知識を「経済学」や「経営学」で、食の安全性に関わることは「食品安全学」の授業で学びました。また、「フードマネジメント演習」や「店舗経営論」で商品企画やフードビジネスを学び、実習・実験を通して科学的な知識を身につけることができました。

これから取り組みたいことは何ですか?

講演会や企業とのコラボレーションを通し、食に関わる人の話を聞くことで、私自身キャリアプランの幅が広がったと感じています。今、食の分野はより多様化しています。もっと幅広い知識を身につけ、消費者に食の安全性や衛生に関する正しい知識を伝え、安全な食品を提供することで人々の生活を支えていきたいと思っています。

活躍の場

流通
(総合商社・専門商社・
倉庫・各種共同組合 など)
■ 納入品の農薬、抗生物質、遺伝子組み換え、微生物などの規格の策定・運用
■ 相手国の宗教、食文化、規格に適合した輸出
■ 受入検査、品質検査、品質管理 など
食品メーカー
(乳業・製菓・
飲料・冷凍食品 など)
■ 市場調査、嗜好調査、マーケティングなど商品開発
■ 機能性表示食品や特定保健用食品など食品群の策定・作製
■ 大きさ、数量、味、臭い、アレルゲン、遺伝子組み換えなどの品質規格の策定・作製
■ 出荷検査、衛生・安全性管理と教育、営業・技術営業 など
小売り
(百貨店・スーパー・
コンビニ・通販・
レストラン など)
■ 商品企画やメニュー開発
■ 受入検査
■ 顧客に対する商品の機能性、アレルゲン、有機農産物などに関する説明
■ 店舗の衛生・安全性管理 など
行政
(自治体や官庁)
■ 衛生管理と指導 など
LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.