HISTORY AND CULTURE

歴史文化学科

日本や世界の歴史と文化を広く深く学びます。キーワードは「手で考え、足で見る」。

3つの特⻑

01
歴史や文化を見つめ幅広い視野でとらえ考える力を育成
「歴史」分野と「文化」分野を横断して学ぶ体系的なカリキュラムを通じ、高度な専門性と幅広い教養を併せ持つ人物を育成しています。日本語日本文学科とのクロスオーバー・プログラムがさらに学びの幅を広げます。
02
実習系科目により思考力と研究手法を体得
数多くの実習系科目を通じ、歴史や文化に関わる課題を発見する力や、課題を解き明かす研究手法を身につけます。学問分野に応じ、海外演習、古文書整理、民俗調査、発掘調査などの実習を豊富に用意しています。
03
学芸員、教員、考古調査士などの資格を取得可能
学芸員、中学校・高等学校の教員、図書館司書・司書教諭、考古調査士(2級)などの資格が取得可能。2022年度から昭和女子大学認定アーキビスト(2級)資格を設置する等、時代に即応する人物育成をめざしています。

歴史文化学科での学び

4年間のステップ

1年次
研究のための基礎と方法を学ぶ
2年次
自分の研究テーマを絞りこむ
3年次
⾃分の研究テーマを絞りこむ
4年次
ゼミ所属し研究成果を卒業論⽂
研究のための基礎と方法を学ぶ
自分の研究テーマを絞りこむ
ゼミに所属し研究成果を卒業論文にまとめる

学べる専⾨領域

歴史学(日本史、東洋史、西洋史)
人文地理学
美術史(日本、西洋)
民俗学
考古学
文化財学

プロジェクト

昭和女子大学では答えのない課題に専門知識を生かして解決策を考えるプロジェクト型学修を実施しています。
学科では、授業や演習・ゼミ等の中でプロジェクト型学修を取り入れています。

  • 金子台遺跡整理作業プロジェクト
  • 東京・日本橋地域×昭和女子大学SDGs TERAKOYA(寺子屋)プロジェクト
  • 江戸幕府日記刊行会

学びを通して得られる⼒

歴史・文化の専門知識・技能を身に付け、課題に対する情報を適切に収集し、
実証的・論理的に解析する力
広い視野から調査研究を行い、
自らの知見や提案を発信する能力
自ら課題を見出し、解析方法を思考し
具体的な目標を設定ができる
多角的・理論的な思考と分析に
継続して取り組む力
自己の能力と特性を理解し、
社会規範やルールに依拠して行動できる
異なる歴史・文化を背景とする
人々との相互理解を深めるため、
国際協調の推進と教育普及に寄与できる

取得できる資格

  • 学芸員
  • 高等学校教諭一種(地理歴史)
  • 中学校教諭一種(社会)
  • 考古調査士(2級)
  • 文書情報管理士(2級)
  • 昭和女子大学認定アーキビスト(2級)
  • 日本語教員(大学認定書)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 社会福祉主事(任用資格)

活躍の場

歴史・文化を解明していく過程で得た知見や情報分析能力を活かし、社会の様々な分野で活躍しています。
教員
  • 高等学校(地理歴史)教員
  • 中学校(社会)教員
学芸員・考古調査士・司書・アーキビスト
  • 博物館
  • 図書館
  • 公文書館・アーカイブズセンター
  • 官公庁・自治体・民間企業
公務員
  • 国家公務員
  • 地方公務員
出版・情報通信業界
  • 出版社
  • 広告代理店
  • 印刷会社
  • IT企業(SE)
旅行・運輸・物流業界
  • 航空会社
  • 鉄道会社
  • 旅行会社
  • ホテル
  • 物流会社
商社・流通業界
  • 商社
  • 百貨店
  • 専門店
金融業界
  • 銀行
  • 証券会社
  • 保険会社

キャリア実績

卒業⽣の就職・進学実績
(2021年度)
歴史文化学科を選んだのは、幅広い分野を学びながら自分の興味のある西洋史も実践的に学べると考えたからです。西洋史の学びの他、学芸員、考古調査士2級、司書などの資格取得にも意欲的に取り組みました。
横幕 ひなのさん
FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.