昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

日本語日本文学科

日本語日本文学科 日本語日本文学科
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学
  4. 人間文化学部
  5. 日本語日本文学科

今こそ「ことば」の力を!
人とつながる、社会を動かす、アイディアをかたちにする

期待する学生像

日本のことばと文学に強い関心を持ち、広い視野と豊かな教養を身につけようとする学生。ものごとにじっくり取り組み、意欲的に学ぶ学生。ことばに対する感性を高め、表現する力を活用して、社会に貢献できる学生。

3つのポイント

日本の言語文化を深く学ぶ

日本の言語文化を深く学ぶことで、あらゆる時代や分野に通じる「人間の本質」とは何かを考えます。それはまた、自分自身と向き合うことも意味します。その過程で身につける洞察力は、これからの人生を支える力になります。

コース制で専門の力を伸ばし、将来に活かす

言語コースと文学コース―それぞれのアプローチで身につけた専門性を活かし、国語教諭・書道教諭・日本語教員・図書館司書・博物館学芸員などの資格取得が可能です。また、歴史文化学科とのクロスオーバー・プログラムにより、コースでの学びを多角化できます。

多文化環境の中で相互に対話できる力を養う

海外研修プログラムの実施や学内の留学生との交流によって、多文化環境における相互理解を育む、様々な学びの場を用意しています。こうした場で、日本の言語文化を相対的かつ多角的にとらえる力を養います。

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種(国語・書道)
  • 中学校教諭一種(国語)
  • 日本語教員(大学認定証)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 学芸員
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 高等学校教諭一種(国語・書道)
  • 中学校教諭一種(国語)
  • 日本語教員(大学認定証)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 学芸員
  • 社会福祉主事(任用資格)
教職課程 再課程認定申請中
ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

トピックス

戦後日本の成立と変容を問い直す講義「世界の中の日本文学B」

「日本文化発信プロジェクト」 戦後日本の近現代文学やサブカルチャーを読解することで、現在にいたるまでの社会が、どのように海外の政治、文化と関わりながら成立し、また変容しているのかを考察していきます。そうした探究を通じて、常に主体的に問い立て、考える姿勢そのものを身につけていくことを目標とします。

クリエイティブをめざす講義「創作A(エッセイ・シナリオ)」

「日本文化発信プロジェクト」 クリエイティブレッスンからスタートし、アイディア創出、プロットづくり、表現方法レッスンを経て、いよいよ「クリエイティブ・ライティング」に挑戦します。内なる世界と他者との対話、そこから「モノ語り」を生み出す授業です。

カリキュラム

コース制による専門的・体系的な学び

1年次は基礎的な科目を中心に、2年次からは学びの幅を広げつつ、コースを選択します。言語コースは、ことばの仕組みや変遷を学ぶ「日本語学」、日本語を母語としない人に日本語を教える「日本語教育」です。文学コースは、「古典文学」「近現代・児童文学」に分かれて学びます。3年次からゼミに所属し、専門性を高めます。

プロジェクトで学びの深化・実践を図る

コースで学んだことを新しいカタチとして提案し、発信するプロジェクトです。たとえば、古典文法とIT、古典芸能と異文化といった異なる分野をつなぐことで、日本の言語文化の新しい発信の方法を創り出します。こうしたプロセスのなかで、社会で求められる課題解決能力も身につけます。

日本文化の諸相を学ぶことで物事の本質を見極める

歴史や思想、民俗学などで日本古来の文化を学びます。加えて、メディアやサブカルチャー、異文化間コミュニケーションといったグローバルな視点からも捉えます。日本文化の変わらないもの、変わり続けるもののいずれをも学ぶことで、物事の本質を見極める力をつけます。

カリキュラム

私のキャリアデザイン

日本語教師になるための、
実践的な授業の数々

会話やことばの大切さを知った「日本語教育演習」
畠山 育子 日本語日本文学科3年
神奈川県 県立鶴見高等学校出身

日本語日本文学科はどんな学科ですか?

日本語を母語としない人に教える機会があるため、日本語教育を実践的に学べる学科です。学生の特徴は真面目で冷静、状況を客観的にとらえる人が多く、種々の活動もスムーズです。

これから取り組みたいことは何ですか?

インドネシアでの海外日本語教育実習では、現地の授業アシスタントを経験しました。今後は学んだ知識が現場でどのように活かせるのかを意識しながら、スキルを高めていきたいと思っています。また、日本で学ぶ留学生のサポートにも積極的に参加したいと思っています。

文学を読み解くことで他者への
理解が深まります

会話やことばの大切さを知った「日本語教育演習」
小堀 陽子 日本語日本文学科3年 
埼玉県 川越市立川越高等学校出身

日本語日本文学科はどんな学科ですか?

自分の興味があるものごとに対してこだわり、それをとことん追求する学生が多い学科だと思います。一人ひとりの興味は様々で個性的です。自然と自分の視野も広がります。

これから取り組みたいことは何ですか?

文学作品を読み解くことで「他者を理解する力」が身につきました。これは、将来、司書の仕事を通して、人の支援をする仕事をしたいと思う私にはとても大切なことです。これからも文学を通して、コミュニケーション力を磨いていきたいと思っています。

 

卒業生の就職・進学実績

就職先
総合職 あいおいニッセイ同和損害保険、アクサ損害保険、朝日生命保険、京葉銀行、JA三井リース、大和ハウス工業、トランスコスモス、日本建設工業、日本年金機構、マイナビ
準総合職 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド、岡三証券、オリエントコーポレーション、損害保険ジャパン日本興亜、千葉銀行
営業職 TOKAIグループ、日本生命保険、久光製薬
一般事務職 オリックス・ファシリティーズ、熊谷組、国際紙パルプ商事、さわやか信用金庫、JFE建材、信金中央金庫、新日鐵住金、水ing、日本郵便、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJ銀行、三菱UFJ不動産販売
企画・広報 花王
販売職、サービス職 京王百貨店、コーセー、阪急トラベルサポート、三城、三越伊勢丹
システムエンジニア ドコモ・データコム
公務員 茨城県稲敷市、埼玉県加須市、埼玉県警察本部、静岡県浜松市
進学 昭和女子大学大学院
年度 2014 2015 2016 2017
就職率 96.7% 96.5% 99.3% 97.0%
進学者数 5名 0名 3名 1名

※就職率は、就職希望者に対する就職者の割合です。
※2017年度のデータは、2018年3月現在のものです。

LINEで送る