昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

生活科学研究専攻

生活科学研究専攻 生活科学研究専攻
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学院
  4. 生活機構研究科>
  5. 生活科学研究専攻

目的に応じた食・栄養コースと実践栄養コースの開設

生活科学研究専攻では、修士課程を設置しています。
 食・栄養コース〔修士(学術)〕では、食品機能解析系、栄養生理・生化学系や栄養生理機能解析系があります。食や栄養の基礎理論に基づいた専門知識を学び、応用研究を行うことによって、研究や教育の専門職の育成を目指しています。
実践栄養コース〔修士(栄養)〕では、臨床栄養系と公衆栄養系があり、食育、健康の維持・増進に必要な栄養及び食指導、また病院などで実践的な栄養活動のできる指導者の育成を目指しています。

特色

食と栄養の多元的な視野を育成できる多様な科目の開設

研究テーマに沿った科目を中心に、隣接あるいは他の学問領域から広く科目を履修することが可能で、食と栄養について多元的な視野を持ちつつ専門性を深め、研究能力や専門的職業に必要な高度な能力が培えます。

専任教員によるきめ細かな研究指導

専任教員によるきめ細かな研究指導が行われ、さらに関連学会への参加や学会誌への投稿指導などがなされます。研究成果は学会誌や生活機構研究科紀要などで発表され、広く世の中に還元されます。

大型の研究機器使用に対する専門スタッフによる研究支援

研究支援センターに専門スタッフが常駐し、X線回折装置や電子顕微鏡などを用いた解析を行うなど大型機器を使用する研究に対する支援体制が整っています。

他の研究機関との先端的共同研究

国際共同研究、企業、他大学や研究所との共同研究、大学内での共同研究などが展開されています。これらの研究には多額の費用を要することもあり、国や企業の助成金等を受け入れています。

社会人学生への対応

土・日・夜間等による講座開講も状況に応じて可能な体制をとっています。

学生「研究テーマ」例として

  1. 血液透析患者における臨床栄養について
  2. 低糖質高脂肪食の摂取が骨格筋の分化に与える影響
  3. 高等学校教育における「食教育」に関する研究
  4. 日本におけるグルテンフリー食の現状と栄養教育プログラムの検討
  5. 生活リズムの違いがエネルギー収支の変動に及ぼす影響について

専任教員紹介

飯野 久和
教授
  1. 伝統的食品素材あるいは発酵食品からの有用微生物探索
  2. 腸内細菌叢生態学的研究およびその研究手法の検証・評価
  3. 腸内細菌および生体調節に関与する新規開発食品機能成分の生理機能解析評価
海老沢 秀道
教授
加齢に伴う生理機能低下を抑制し、健康長寿を実現するための食事条件の検索およびその作用機序解明のための研究
高尾 哲也
教授
  1. 唾液腺刺激モデル系による食品成分の機能解析
  2. 擬・雑穀類の有する機能性解析と食品への応用
中西 員茂
教授
  1. 血液透析患者におけるリンとカルシウムについて
  2. 特に食事との関連。
  3. 妊娠高血圧症候群と塩分摂取について
  4. システマティックレビューなどにより検討する。
山中 健太郎
准教授
ヒトの身体を一つのシステムとしてとらえ、その生体信号および動作・行動の記録から、
  1. 食欲と食行動の変動
  2. エネルギー摂取と消費の関係
  3. 意思決定の傾向
  4. 巧みな運動制御
  5. について研究を行っている。
秋山 久美子
教授
  1. 調理動作のバイオメカニクス的研究
  2. ウズラ卵ピータンをモデルにしたタンパク質のアルカリ変性
  3. 機能性電解水の調理への応用
小川 睦美
教授
生体と食品機能成分との関わりについて特に性差に着目して研究を行う。
曽田 功
教授
青果物および鶏卵の保存性向上に関する研究
中津川 研一
教授
  1. 油脂の研究
  2. 抗酸化性物質の研究
横塚 昌子
教授
  1. 若年女性の食事摂取過不足による健康リスク回避のための実践型食育のモデル化
  2. 澱粉の食品への応用と生理機能について
蕨迫 栄美子
教授
  1. 肥満児童の食生活に関する研究
  2. 学校における食教育について
竹山 恵美子
准教授
  1. 脂質の機能性に関する研究
  2. 食物繊維の構造と機能に関する研究
原 正美
准教授
  1. 小児期の食習慣が将来に及ぼす影響
  2. 食物アレルギーに関する研究
渡辺 睦行
准教授
  1. 低酸素環境下での生体応答
  2. クエン酸の生理機能
  3. 糖質制限食に関する研究
小西 香苗
准教授
  1. DOHaD の概念に基づく若年成人の体格・体組成への影響因子解明
  2. 時間栄養学を取り入れた食生活・生活習慣改善法による介入研究
  3. 世帯及び地域の社会経済的要因が食生活や健康状態に与える影響
清水 史子
准教授
  1. 食物摂取状況と生体との関連について疾患の有無による比較検討を行う
  2. 高齢者の食生活と健康に関する検討を行う
LINEで送る