消費・経営
(福祉社会研究専攻 消費者志向経営コース)

ステークホルダーの絆という原動力を、
企業と消費者のinteraction(プラットフォームもしくは市場)で活かす。
消費・経営を学ぶ大学院は時代の最先端。

情報化、グローバル化が進展する消費社会において、長期的な視野に立ったステークホルダーと協働する新しい価値創造に取り組み、
企業や行政、組織における企画、立案、推進役などを担う高度人材の育成を目指します。
本大学院修了により、修士の学位のほか、「マスター消費生活アドバイザー」の資格の取得が可能です。
夜間やオンライン受講との併用を通じて、仕事と両立できる柔軟な就学、修士号の取得ができます。

求める人材

  • 企業・行政において消費関係実務、企画、経営を担う方

カリキュラム・教員

開講科目・担当一覧
消費者政策論、CSR論 生活機構研究科福祉社会研究専攻教授 大熊省三
現代生活経営研究Ⅰ人間社会学部教授 粕谷美砂子
日本経済論グローバルビジネス学部教授 飛田史和
消費者教育消費者教育支援センター専務理事 柿野成美

お問い合わせ

公開授業、進学相談会などのお申し込み、企業派遣のお問い合わせ、より詳しい情報の入手を
お考えの方は、お問い合わせフォームにご記入ください。
お問い合わせはこちら
FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.