大学院での修学・研究を支援する3 つの制度

大学院での修学・研究を支援する3 つの制度 大学院での修学・研究を支援する3 つの制度
前のページに戻る

長期履修学生制度

職業を有している等の理由により、標準の就業年限(博士前期課程・修士課程は2年、博士後期課程は3年)で修了することが困難な学生を対象に、在学期間を最長4年または6年以内で計画的に設定し、授業料等を分割納入して履修することができる制度です。


大学院研究生制度

博士前期課程、修士課程、博士後期課程の修了者の研究継続を助成するために大学院研究生の制度を設けています。研究生として承認された場合、指導教員のもとで研究を継続するとともに、大学院の授業の聴講、大学院生に認められた大学の研究施設を利用することができます。


科目等履修生制度

大学院の出願資格がある正規入学生以外の方が許可を得て大学院の授業を受講する制度です。1科目から出願できます。また、修得した単位は、大学院入学後、申請により既修得単位として認定する場合があります(上限10単位まで)。なお、一部、出願対象外となる科目があります。


LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.