プレスリリース

「キエフ・バレエ支援チャリティー」公演  昭和女子大学が後援し人見記念講堂で開催

 昭和女子大学 (理事長・総長 坂東眞理子) は、7月5日に人見記念講堂で開催する「キエフ・バレエ支援チャリティーBALLET GALA in TOKYO」を後援します。このチャリティー公演は、日本でキエフ・バレエを多くの方に知ってもらい、キエフ・バレエの復興支援を目指し、バレリーナとして活躍した草刈民代氏が芸術監督として企画しました。キエフ・バレエ団からダンサー2人が出演します。本学も後援し、ロシアの侵攻により甚大な被害を受けたウクライナを支援します。

 

キエフ・バレエ支援チャリティーBALLET GALA in TOKYO
【日時】2022年7月5日 (火) 18時30分開演(20時30分終演予定)
【会場】昭和女子大学人見記念講堂 東急田園都市線「三軒茶屋」駅下車徒歩7分
【主催】キエフ・バレエ支援チャリティーBALLET GALA 実行委員会、RENAISSANCE CLASSICS
【上演演目】『デューク・エリントン・バレエ』The Opener(振付:ローラン・プティ)、『海賊』より『バラの精』、
      『And… Carolyn.』(振付:アラン・ルシアン・オイエン)  他
【チケット】無料(全席指定・特製プログラム付)
【募金】入場者は5000円以上の募金が求められ(学生の方は除きます)、全額がキエフ・バレエ団に寄付されます。

 申込方法等詳細は、下記からご確認ください。
 こちら
 

 キエフ・バレエの名称について
 7月15日からキエフ・バレエの名称で同バレエ団の日本公演が開催されます。従って、本チャリティー公演においても
 キエフ・バレエと表記しています。


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.