プレスリリース

多様性を育む”スーパーグローバルキャンパス”で 日米大学生と日英高校生が「日本と世界の未来」を討論

 
昭和女子大学 (理事長・総長 坂東眞理子) は25日、敷地内にある米国ペンシルベニア州立テンプル大学ジャパンキャンパス (学長 マシュー・ウィルソン、以下TUJ)、ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和 (学校長 ポール・タフ、以下BST) とシンポジウム 「日本の未来、世界の未来 -グローバル社会に生きる責任: 環境の危機への共通の解決策とは」 を共催します。討論を除き、一般の方もオンラインで視聴いただけます。
3校協働シンポジウムには昭和女子大学附属高校の生徒も参加し、日米大学生と日英高校生がともに日本と世界の未来について話し合い、多文化理解を深めます。英語と日本語を共通言語として使用し、参加者同士が互いに助け合いながら意見を交換します。

日本の未来、世界の未来 ー グローバル社会に生きる責任: 環境の危機への共通の解決策とは

日時: 2022年6月25日 (土) 13:00 – 16:45
 
会場: Zoom ウェビナー配信による視聴 (事前申込制・先着500人)
    ※メディアの方で、現地取材をご希望の方はご連絡ください。
 
言語: 日本語と英語 (逐次通訳あり)
 
内容:
13:00  開会挨拶 昭和女子大学 理事長・総長 坂東眞理子
13:15  基調講演 アンジェラ・オルティス 氏 (社会起業家)
14:00  3校学生・生徒討論 (※討論は配信せず、一般視聴者は全体会までオフラインとなります)
     テーマ(1) Sustainable Food Choices / 持続可能な食品選択
     テーマ(2) Sustainable Transportation / 持続可能な交通手段
     テーマ(3) Reduction of Carbon Emissions / 炭素排出量の削減
15:45  全体会 – 各グループから討論の報告
16:30  講評 BST 校長 ポール・タフ
    閉会挨拶 TUJ 学長 マシュー・ウィルソン
 
申込:  6月22日(水)までに以下のURLからお申し込み下さい。
     お申し込みフォームはこちら(学外関係者専用)

 

【基調講演登壇者プロフィール】

アンジェラ・オルティス 氏 (社会起業家・CSR専門家・著述家)
2011年の東日本大震災後にボランティア活動に参加したことをきっかけに地域再建のためのボランティア活動を開始。NPO「Place To Grow」を設立し、宮城県南三陸町の復興支援大使としても活動。2016年からは、さまざまな多国籍企業のCSRプログラムの活性化を推進し、従業員の教育やプロジェクト管理など、持続可能なビジネスの支援をしている。
2021年には、SDGsの教育と活性化をインターナショナルスクールや企業に助言するために 「Stratechist Consulting」を設立。

昭和女子大学キャンパスのグローバル化
グローバル人材の育成は学園の大きな目標です。1988年4月にアメリカ・マサチューセッツ州に海外キャンパス「昭和ボストン」を設置し、世田谷キャンパスでは2006年9月開校のブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和(BST)に続き2018年11月に駒澤パークインターナショナルスクール(KPIS)も学園の仲間入りをしました。2019年8月、テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)が敷地内に移転し、昭和女子大学、附属校との連携を深めています。
 
昭和女子大学の「スーパーグローバルキャンパス」について


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.