プレスリリース

環境デザイン学部 田村圭介研究室 「山手線全30駅模型」をグランスタ東京で展示

 昭和女子大学 (理事長・総長 坂東眞理子:東京都世田谷区)の環境デザイン学部環境デザイン学科田村圭介研究室は、3月4日(金)~6日(日)「山手線全30駅模型展」をグランスタ東京のイベントスペース・スクエアゼロで展示します。この展示は、山手線の各駅をつなぐイベント「HAND!inYAMANOTE LINE -山手線でアートと音楽を楽しむ50日間-」への参加によります。
 展示作品は、山手線の全駅を500分の1スケールで再現した模型です。田村圭介研究室ではこれまで、社会の変化に伴い、新たな都市をつくる鉄道の拠点「駅」に焦点を当て、模型製作・研究に取り組んできました。研究室中心に環境デザイン学科建築コースの学生が各駅構内図を収集、現地視察した上で3Dデータを作り、それを基に木材をレーザーカッターで裁断して模型に組み上げました。
 今回の展示の目玉は、30駅の模型を天井から吊ります。浮遊しリング状に並んだ30の駅模型をご鑑賞ください。

展示する模型の一部

山手線全30駅模型展

開催日

3月4日(金)〜3月6日(日) 10:00〜18:00(最終日16:00まで)

場所

JR東京駅 グランスタ東京B1F イベントスペース スクエアゼロ
東京都千代田区丸の内1丁目9 JR 東京駅内

https://www.jreast.co.jp/tokyomovinground/exhibition/hand2021/index.html


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.