プレスリリース

(公財)日本ラグビーフットボール協会と昭和女子大学
シンポジウム「女性とラグビー その魅力を語る」 開催

 昭和女子大学(坂東眞理子 理事長・総長)は公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(森重隆会長、以下JRFU)と、シンポジウム「女性とラグビー その魅力を語る」を共催します。
 アジア初、日本開催の「ラグビーワールドカップ」はラグビーの素晴らしさを伝え、これまでラグビーとは縁がなかった人々の間でもラグビーへの関心が高まっています。国際統括団体ワールドラグビーは現在、女性への競技普及、女性レフリーの育成、女性役員増加に力を入れています。2年後にニュージーランドで開催される「女子ラグビーワールドカップ2021」から「女子」という性別をはずす決定もしています。
 W杯日本大会に関係者が来日する機会をとらえ、ワールドラグビー女子ラグビー統括責任者であるケイティ・サドラー氏、オーストラリアラグビー協会初の女性CEOレイリーン・キャッスル氏をゲストに迎え、ワールドラグビーの様々な取り組みを聞き、ラグビー界における女性の現状と課題を知るとともに、女子ラグビーへの理解と関心を深めたいと思います。

日時:2019年10月28日 (月) 16:30 – 18:00
場所:昭和女子大学 (世田谷区太子堂1-7-57)
主催:公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会
共催:昭和女子大学
後援:スポーツ庁
対象:テーマに関心のある一般の方、スポーツ団体関係者、来日チーム関係者など
使用言語:日本語・英語(逐次通訳)
定員:190人(事前申し込み制、先着順)、参加費無料
申し込み:こちら 23日締め切り。

【シンポジウム】 「女性とラグビー その魅力を語る」

ゲスト
▲ ケイティ・サドラー ワールドラグビー 女子ラグビー統括責任者
スコットランド生まれカナダ育ち。シンクロナイズドスイミングで1984年オリンピックにはニュージーランド代表として参加し、1996年英連邦大会で銅メダルに輝く。現役引退後は同国でスポーツニュージーランドの運営、ハイパフォーマンスシステム構築を担う。NZ水泳連盟理事、NZオリンピック委員会選手委員などを歴任。2016年11月ワールドラグビー女子ラグビー責任者に就任、現在に至る。

▲ レイリーン・キャッスル オーストラリアラグビー協会 CEO(最高経営責任者)
 オーストラリア生まれ。13人制ラグビーニュージーランド代表主将の父、英連邦大会ローンボールのメダリストの母を持ち、幼い頃にニュージーランドNZに移住。ネットボール、テニスなどで活躍する。NZテレコム、NZ銀行、富士ゼロックスなどの広報・マーケティング責任者を歴任。NZネットボール協会CEO、オーストラリアのラグビーリーグ(13人制ラグビー)所属チームCEOを経て、2018年1月からオーストラリアラグビー協会初の女性CEO、現在に至る。

コーディネーター
▲ 浅見敬子 JRFU理事・女子日本代表テクニカルディレクター
 日本体育大学ラグビー部女子に入部。大学2年で女子日本代表に選出され、2002年女子ラグビーワールドカップ出場、2003年から代表主将。引退後の2007年に女子日本代表アシスタントコーチ、2012年に日本初のフルタイム女性コーチに。2016年リオデジャネイロ五輪ではヘッドコーチとして7人制女子日本代表を率いる。2018年、女子15人制日本代表の強化委員長に就任。

司会
・斎木尚子 ワールドラグビー理事・JRFU理事

【ごあいさつ】

坂東眞理子 昭和女子大学理事長・総長
岩渕健輔 JRFU専務理事

お申し込み・本件に関するお問い合わせ

申し込み:こちら 23日締め切り。

昭和女子大学広報部:03-3411-6597 kouhou@swu.ac.jp
(公財) 日本ラグビーフットボール協会インテグリティ推進部:03-3401-3321

LINEで送る

FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.