昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

お知らせ

お知らせ お知らせ
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. お知らせ>
  3. グローバル・サミット・オブ・ウ…

お知らせ

グローバル・サミット・オブ・ウィメン 学生参加者募集

2017GSW東京大会実行委員会から「グローバル・サミット・オブ・ウィメンの学生募集のお知らせ」がありましたので御紹介いたします

グローバル・サミット・オブ・ウィメン東京大会とは

グローバル・サミット・オブ・ウィメン(以下GSW)とは、先進国から新興国まで世界90カ国以上のビジネスリーダーや閣僚など世界的な女性リーダー約1200人が集う、世界有数の国際女性会議です。27回目となる今年は東京で開催を行います。
東京大会には、国際通貨基金(IMF)の専務理事クリスティーヌ・ラガルド氏やフィリピン副大統領Leni Roberedo 氏、ベトナム国家副主席Dang Thi Ngoc Thinh氏など各国の首脳が参加する他、日本からは東京五輪担当大臣丸川珠代氏、参議院議員森まさ子氏、東京都知事小池百合子氏、BTジャパン代表取締役吉田晴乃氏、カルビー代表取締役会長松本晃氏など、総勢80名以上の豪華なゲストが登壇致します。また、今回は特に若い世代に注目し、ゲームやアニメーション、ファッションの世界で活躍する方々の招聘も予定されています。
詳細については、以下のHP・チラシ等をご参照ください。

大会HP(英語):  https://globewomen.org/globalsummit/
大会Facebook(日本語): https://www.facebook.com/2017GSWTOKYO/
大会チラシ(pdf)
大会概要(pdf)
問合せ先:2017GSW東京大会ユースフォーラム担当 gswyouth@2017tokyo.jp

■ユースフォーラム聴講生(無料招待)の募集について

**2017年5月12日(金)16:15~17:00 グランドプリンスホテル高輪会議場**
GSWではサミット開催期間中に大学生・院生の方たちを対象とした、「ユースフォーラム」を行います。オーストラリアや日本などグローバルに活躍する女性起業家、女性技術者が登壇し、若い世代におけるSTEMの可能性と重要性について議論します。申込を行った学生の方は無料で聴講が可能です。男女に関わらずお申し込みできます。

ユースフォーラムの主な登壇者
■ Marita Cheng 2Mar Robotics代表取締役社長 http://aubot.com/
オーストラリアに本拠を置く、生活応援型のロボット構築を目指す2Mar Robotics社より、創業者であり代表取締役社長のマリタ チャン氏が登壇されます。
マリタ チャン氏は同社以外にも視覚障害者のためのiPhoneアプリを作るAipol社を経営しており、2012年にはオーストラリアを代表する栄誉である「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた事でも注目されています。
■ Chika Tsunoda エニタイムズ(株)代表取締役社長 https://anytimes.co.jp/
日本に本拠を置く、新しいご近所お手伝いコミュニティを提供するエニタイムズ社より創業者で代表取締役社長の角田千圭氏が参加します。
同社は、日常のちょっとした困りごとを気軽に依頼したい人と、空いた時間にスキルを活かして仕事をしたい人をつなげるマーケットプレイスを開発・運営しています。
■ Evelyne Raby  Cybelangel代表取締役社長 https://www.cybelangel.com/
フランスに本拠を置くITセキュリティーを提供する Cybelangel 社より最高執行責任者である エベリン ラビィ氏が参加します。
Cybelangel社は、インターネット上でデータ漏洩の検出サービスを提供しており、顧客に悪影響を与える可能性のある脅威をリアルタイムで検出する事を特徴としています。
■ 司会進行役 Wendy Lewis
マクドナルド社 (米国) グローバル ダイバーシティー&インクルージョン担当役員、 副社長

申し込方法

■開催/応募について
日時:2017年5月12日(金)16:15~17:00
場所:グランドプリンスホテル高輪会議場
対象:大学及び大学院に在籍中の男女学生(学年・専攻は問いません)200名
その他:

Ⅰ.事前応募者のみ参加可能です。

Ⅱ.交通費・宿泊日は自己負担です。

Ⅲ.12日のユースフォーラムのみ参加無料です。それ以外の分科会や晩餐会など参加希望の場合は、

  別途参加費をお支払い頂きます。

Ⅳ.エントリー後大会事務局から送付されるネームカードを帯同してください。

Ⅴ.基本使用言語は英語(日本語通訳付き)です。
応募期間:2017年3月1日(水)から31日(金)
応募方法:以下のメールアドレスからメールにて応募登録をしてください。

gswyouth@2017tokyo.jp

2017GSW東京大会実行委員ユースフォーラム担当  

※メールに記載する内容は以下の通りです。

件名:「ユースフォーラム応募登録」

メール本文に記載する内容:

1.大学名 2.学部名 3.学年 4.名前 5.ふりがな

6.性別 7.連絡先メールアドレス 8.連絡先携帯番号

9.応募理由

参加可否:先着順とし、定員に達し次第締めきりとさせて頂きます。参加が可能な方に4月5日までに担当から参加通知と参加方法の詳細を本人宛にメールにて通知します。
問合せ先:メールにてお問い合わせください。
gswyouth@2017tokyo.jp
2017GSW東京大会実行委員ユースフォーラム担当  

■ヤングリーダー特別招待学生の募集について

グローバルな知見と経験を持つ将来のリーダーとして活躍する人材を育成するため、女子学生で特に優秀だと認められる方をヤングリーダー特別招待学生として、上記のユースフォーラムの他、全3日間の大会期間中に開催されるフォーラム・セッション等へ聴講生としての参加の他、赤坂迎賓館等で行われる晩餐会・ガラディナー等の全てにわたり無料でご招待します。
特別招待での参加を希望する方は、以下の要領で申込を行ってください。

■ヤングリーダー特別招待学生申込方法

日時:2017年5月11日(木)18:00~5月13日(土)20:00 
場所:グランドプリンスホテル高輪会議場
対象:大学及び大学院に在籍中の女子学生(学年・専攻は問いません。)20名
     大会3日間の全日程の参加可能な者
その他:

Ⅰ.事前応募者で学長の推薦およびエッセイ提出のあった方のみ参加可能です。

Ⅱ.交通費・宿泊日は自己負担です。

Ⅲ.3日間の全日程ご参加頂けます。(朝食・昼食・晩餐会参加費用など全て無料です。)

Ⅳ.エントリー後大会事務局から送付されるネームカードを帯同してください。

Ⅴ.基本使用言語は英語です。
応募締切:2017年3月31日(金)到着分までを対象とします。
応募内容:事前に学長の推薦状と下記のテーマでエッセイを郵送又はメールにてご提出ください。

*応募用紙等は下記からダウンロードをしてください。

応募要項(ヤングリーダー特別奨学生の募集について)

(書式)応募者情報およびエッセイ記載用紙

(書式)推薦状
【参考】
エッセイテーマ:下記のAまたはBについて日本語または英語で記述し提出します。

A.あなたにとってGSWに参加する意義とは

B.女性がリーダーとして活躍するには

*A4用紙2枚(Word利用、フォント11pt・横書き・2400字程度)
(参考)以下、応募に必要な事項です。

1.大学名 2.学部名 3.学年 4.名前

5.ふりがな 6.連絡先メールアドレス 7.連絡先携帯番号

8.エッセイ

9.学長推薦状(要学長印)
*英語記述は必須ではありませんが、グローバルリーダー育成の観点および大会中の円滑なコミュニケーションの必要から英語文章での提出を推奨します。
提出先:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5丁目6番6号 広尾プラザ5F 

(株)ポピンズ気付 2017GSW東京大会ヤングリーダー特別招待学生担当宛て

又は、 gswyouth@2017tokyo.jp へメールでの送付も可
参加可否:定員に達した場合は、選考の上4月5日までに可否を決定し、参加通知と参加方法の詳細を事務局より本人宛にメールにて通知いたします。

問合せ先:2017GSW東京大会ユースフォーラム担当 gswyouth@2017tokyo.jp

LINEで送る