昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

学長メッセージ

学長メッセージ 学長メッセージ
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学について>
  3. 大学紹介
  4. 学長メッセージ

学長メッセージ

昭和女子大学の教育は、専門分野の深い知識に加えて、女性リーダーとして社会で活躍するための幅広い力を身につけてもらうことを目的としています。クラスアドバイザーによるきめ細かなアドバイス、1年生から始まるキャリア支援活動、アメリカのボストン分校を起点としたグローバル人材育成教育など本学独自の多くの工夫が、その実現のための環境を創りあげています。
他学科の専門科目を教養科目として履修できるオープンカリキュラム、ディスカッションを中心とした少人数クラス、将来のキャリアを見据えた入学から卒業までの履修モデルなどが整い、アクティブラーニングや地域・企業との連携で行うPBLなどを交えた実践的な授業が活発に行われています。キャンパス内の人見記念講堂では、国内外から各界第一線の方々を招いての講演会や演奏会、神奈川県大井町の山間にある東明学林や千葉県館山市の海辺に建つ望秀海浜学寮では、教師と学生、上級生と下級生が寝食を共にして、自然の中で学び、労作に勤しみます。
将来のキャリアを見据えて、多くの支援講座やインターンシップが提供されています。また、学生たち自らが結成した光葉キャリア塾や、社会人女性が助言を与えてくれるメンターネットワークが、学生個々の将来の夢の実現をサポートします。
アメリカ、マサチューセッツ州ボストンの分校では、英語系学科を対象とした1~3学期間の必修留学プログラムに加えて、どの学科の学生も参加可能な15週間プログラムやサマーセッションが準備され、各自の専門を生かしたプログラムも豊富です。アジア、ヨーロッパ、オセアニア、アメリカと、世界中に海外協定校を持ち、本学と留学先の大学の両方から学位を取得できるダブルディグリー・プログラムや交換留学の機会も拡がっています。
東京キャンパスでは、ブリティッシュスクールの生徒たちも学んでいます。海外から大学・大学院留学生も受け入れ、国際色豊かなキャンパスとなっています。また、女子のみが学ぶ中学・高等学校、大学と、共学のナースリー、こども園、初等部、大学院も同じキャンパスにあり、国籍、男女、年齢の違いなどを超えたダイバーシティーに溢れた学びの環境となっています。
オープン・キャンパスでは、在学生が皆さんのさまざまなご質問にお答えしています。学生寮、室内プール、日本庭園、博物館など、教室棟以外の施設も、是非、ゆっくりご覧いただきたいと思います。
皆さんの夢は何ですか。今はまだ誰も想像すらできないような分野においてでさえも、夢を実現する可能性を秘めている皆さんが、昭和女子大学の門をくぐってくださることを心から期待しています。

昭和女子大学 学長 金子 朝子

昭和女子大学 学長
金子 朝子

KANEKO-Tomoko
President
Showa Women’s University

学長ブログ「金子朝子の昭和のこれなあに」
ブログも是非ご覧下さい。
学長ブログ「金子朝子の昭和のこれなあに」
LINEで送る