昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

心理学科

心理学科 心理学科
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学
  4. 人間社会学部
  5. 心理学科

こころの仕組みを学び、社会で自分を活かす

国家資格「公認心理師」への対応を検討しています。最新の情報はこちらです。

期待する学生像

将来、人と関わる仕事や活動を通じて社会に貢献したいと願う学生。社会に関心を向けつつ、様々な領域の心理学的知識・視点を学ぼうとする学生。卒論研究や他者と協力して行う諸活動に主体的に取り組む意欲のある学生が入学することを期待します。

学科の特色

こころを理解する様々な「眼」を養う

こころは多様な側面をもっています。心理学にも様々な領域があり、ひとつの領域を知るだけでは人のこころを十分に理解することはできません。心理学の基本となる諸領域を幅 広く学び、他者や自分をより深く柔軟に理解する「眼」を養います。

豊富な実習の機会で人と関わるスキルを磨く

こころを理解するには様々な技法を身につける必要があります。実験や質問紙調査、心理検査やカウンセリングなどの技法を講義はもちろん豊富な実習を通して体験的に学ぶことで、人と関わる様々なスキルを磨きます。

現実問題へ心理学的にアプローチする

こころの問題に多くの人の関心が寄せられています。現実の問題に心理学がどのように貢献できるのかを、ボランティア活動や卒業論文研究を通して考えます。この体験を通して、社会の中で自分をどのように活かしていくかを見出します。

取得できる資格

  • 認定心理士
  • 社会調査士
  • 高等学校教諭一種(公民)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員(大学認定証)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 児童指導員(任用資格)
  • 認定心理士
  • 社会調査士
  • 高等学校教諭一種(公民)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員(大学認定証)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 児童指導員(任用資格)
公認心理師資格への対応については学科オリジナルページ(http://content.swu.ac.jp/shinri/)で最新情報をご確認ください。

クローズアップ

こころを研究する技法の基礎を習得する「心理基礎実験」

「伝統芸能実習」 人のこころについて理解するために、心理学では実験や検査を行います。1年生を対象とした「心理基礎実験」の授業では、10人程度の小グループに分かれて、知覚や記憶に関する実験や性格検査など、毎週異なるテーマの実習を行います。なかには、輪投げを題材として、人が課題に取り組むときの目標の立て方や、結果に対して抱く感情について調べる実験もあります。心理学の様々な実験や検査を実際に体験することで、こころを研究するための技法の基礎を学びます。また、実習後にはレポートを作成します。提出されたレポートには教員からコメントが返され、心理学の論文を作成するスキルも身につきます。

カリキュラム

心理学の幅広い基礎をしっかり学んでから多様な専門領域へ

あえてコース制を設けず「臨床」「社会」「発達」「認知」の4領域すべての基礎知識を学んでから、関心のある領域の専門知識を深めます。2年次以降には、各領域のバラエティに富んだ専門科目が開講されています。

実習と少人数の卒論ゼミでスキルを磨き、専門性を深める

心理実験や質問紙調査、データの統計分析などの研究技法も講義と実習で段階的に学びます。3年次には心理臨床面接や心理査定の技法も体験的に学びます。原則10名以下の卒論ゼミでは4年間の学びの集大成として各自の研究テーマを深めます。

ボランティアを通して心理支援を学ぶ

「心理支援コミュニティ・サービスラーニング」の授業では、小中学校や適応指導教室など地域社会の様々な心理支援の現場で学生がボランティア活動に従事し、授業で学んだ心理学を地域社会の中で活用しつつ理解を深めていきます。

将来のキャリア形成を支援する履修プログラム

心理学の専門性を発揮できる職業は様々です。将来の志望に合わせた履修モデルを用意し、キャリア形成を支援します。学内推薦入試や一般入試により本学大学院心理学専攻に進学することで臨床心理士等の資格の取得をめざすこともできます。

カリキュラム

卒業論文のテーマ例

卒業論文のテーマ例

香りの評価と脳活動に事前情報が与える影響

よい香りであっても、事前にその香りについてのネガティ ブな情報を伝えられると評価が下がってしまいます。そこで、このような事前情報が香りに対する脳の活動にも影響するのかを調べたところ、ネガティブ情報を聞いた場合に脳の前頭前野領域が強く活動することがわかりました。香りの評価に対する前頭前野の役割について考察しました。

その他のテーマ例

  • 協働状況での成績報告不正における利他性の検証
    ―自己正当化と自己犠牲の弁別―
  • 嗅覚刺激に対する前頭前野の活動と香りの評価に
    及ぼす情報付与の効果
  • 音声からの発話者の外見的特徴の推測
  • 理解のメタ認知的モニタリングにおける
    処理の流暢性について
    ―モーゼ錯覚問題への誤字挿入の効果―
  • 乳幼児のスマートフォン利用と親の育児不安感との関連
 

卒業生の就職・進学実績

就職先
一般事務職 みずほフィナンシャルグループ、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行(日本郵政グループ)、八十二銀行、三菱UFJトラストビジネス、積水ハウス、エフ・エー・テクノ、協和日成、ソフトバンクコマース&サービス、テクノ菱和、松井建設、みずほビジネスサービス、学習院大学
総合職、
準総合職
東京都民銀行、栃木銀行、SMBC日興証券、オリエントコーポレーション、セディナ、日本郵便(日本郵政グループ)、城南信用金庫、大東京信用組合、JA富山厚生連、四季(劇団四季)、エイチ・アイ・エス、リーガルコーポレーション、福山通運
営業職 明治安田生命保険、リコージャパン、水戸証券
販売職 三越伊勢丹、京王百貨店
公務員 法務省、警視庁、東京都西東京市、神奈川県茅ヶ崎市
年度 2012 2013 2014 2015
就職率 98.6% 96.2% 98.6% 95.1%
進学者数 7名 7名 8名 5名

※就職率は、就職希望者に対する就職者の割合です。
※2015年度のデータは、2016年3月現在のものです。

LINEで送る