昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

現代教養学科

現代教養学科 現代教養学科
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学
  4. 人間社会学部
  5. 現代教養学科

プロジェクトや社会との触れ合いが視野を広げる

期待する学生像

現代社会を見るための「視座」を鍛え、社会に発信・表現する能力を磨きたい学生、幅広い知識と的確な判断力を身につけ、社会の変化に対して柔軟に対応し、社会と積極的にかかわりたい学生、「知」への楽しみをみつけたい学生が入学することを期待しています。

学科の特色

社会科学分野を中心とした学際的な学び

社会科学分野を中心に学際的に幅広く学びます。3つのスタディーズのいずれかを自身の学びの柱にしていきますが、コースの枠組にとらわれずに学ぶことができます。多彩な科目の中から自分の関心に合わせて主体的に科目を選択し、学びの視野を広げます。

幅広いスキル・知識を実践の場で活かして確かな教養に

多様なアクティブラーニングを通じてスキルアップを図り、同時に日本語と英語の文献・資料を読み解く力を養うことで、多岐にわたる知識を修得します。日本語、情報収集と分析のスキルは専門分野と密接にリンクし、その力は実践することによって教養の深化につながります。

調査の専門家「社会調査士」の資格取得可能

社会調査士の資格が取得できるメリットを活かして、社会の動向を捉える力を鍛えていきます。社会調査士関連科目の学びを通じて、世論、市場動向、社会事象を多面的に分析・理解する力を身につけます。資格取得をめざすことは更なるスキル・知識の磨きにつながります。

取得できる資格

  • 社会調査士
  • 高等学校教諭一種(公民)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 日本語教員(大学認定証)
  • 社会調査士
  • 高等学校教諭一種(公民)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 日本語教員(大学認定証)

クローズアップ

国内・国外での現地調査を通して、確かな実践力を培う研修科目

「伝統芸能実習」 現代教養学科では、学生が学内で身につけた知識と力を存分に発揮できるように、「実践・応用の場」として東京・国内・国際の3つの社会調査研修を設けています。多様な視点をもとに、実際に現場で体験・調査を行った後、成果を小冊子にまとめ、公開報告会でプレゼンテーションをします。近年の調査テーマは以下の通りです。
東京:外国人に知られざる東京
   The Tokyo Veiled In Mystery:下町・谷中
国内:東日本大震災から4年半を経過した被災地を訪れる
国際:タイ北部山岳地帯からみる現代社会

カリキュラム

多様化する現代社会に必要な教養を身につけ、専門領域に繋げる基礎を固めます

1年次の「現代教養入門」で社会を読み解くための基礎的な方法を学び、「社会をみる目」「メディアをみる目」「世界をみる目」などの科目で“ 現代”を幅広く多角的に捉える力を培います。2年次からは学際的な学びを活かしながら専門科目を履修し、社会科学への関心を深めていきます。

PBL 科目(課題発見・解決型学習)を通じて、言葉と情報リテラシーの実践力・応用力を高めます

1年次では日本語と情報リテラシーを確実に身につけ、2年次以上では専門分野とリンクさせながら、表現力と発信力を磨きます。少人数のセミナーやPBL・演習科目では、テーマを立ててデータを収集・分析しながら考察し、企画書・報告書作成、論文執筆やプレゼンテーションなどを通じて自分の意見や主張を論理的かつ魅力的に伝える力を養います。

社会科学分野の特色を活かした3つのスタディーズで、専門領域を深めていきます

3年次から専門領域を絞った3コースに分かれてゼミに所属し、4年次で卒業論文を仕上げます。コースは、現代社会の諸問題を探究する「ソーシャル・スタディーズ」、多様化するメディアを追究する「メディア・スタディーズ」、国家・都市・地域や国際関係を研究する「グローバル・スタディーズ」の3つで構成されています。

カリキュラム

卒業論文のテーマ例

卒業論文のテーマ例

日本ワイン業界と地域活性化

日本ワイン業界の現状を海外の事情と比較したうえで、地場産業を生かした地域活性化の一つとして日本産ワインと産地に着目し、ワインツーリズムを中心に研究を行いました。山梨県のワイナリーにおける現地調査の結果をもとに、日本産ワインの知名度を高めるべくイベント開催および生産者とのコミュニケーションの重要性も提案しました。

その他のテーマ例

  • ソーシャル・スタディーズ
    □女性リーダーシップ育成における女子大学の役割
    □東京23区における自転車を活用したまちの魅力と課題
  • メディア・スタディーズ
    □SNSにおける現代のファッション文化―Instagram の普及からみるファッション学習の一考察
    □『スーパー戦隊シリーズ』に関する考察―女性戦士の変化から考える
  • グローバル・スタディーズ
    □小国ブータンの安全保障政策としての国民総幸福度(GNH)
    □東方ユダヤ人からユダヤ系フランス人への揺籃の地マレ地区

卒業生の就職・進学実績

就職先
一般事務職 みずほフィナンシャルグループ、三菱電機、住友電気工業、新日鐵住金、東ソー、日本郵便(日本郵政グループ)、三井不動産リアルティ、ソフトバンクコマース&サービス、ワークスアプリケーションズ、GMOインターネット、南駿農業協同組合
総合職 日本生命保険、日本年金機構、楽天、USEN、イオンフィナンシャルサービス、城南信用金庫、積水ハウスリフォーム、日本出版販売、東芝機械、東電タウンプランニング、東急セキュリティ、スタートトゥデイ、日本デジタル研究所
準総合職 千葉銀行、SMBC日興証券、日本郵便(日本郵政グループ)、朝日生命保険、宮崎太陽銀行、大林道路
営業職 日本生命保険、第一生命保険
客室乗務員
地上職
日本航空、ANAエアポートサービス
販売職
サービス職
ルイ・ヴィトンジャパン、JTBビジネスネットワーク、京王百貨店、花王カスタマーマーケティング、ワールドストアパートナーズ
公務員 東京消防庁、茨城県石岡市
年度 2012 2013 2014 2015
就職率 100.0% 96.8% 99.0% 98.9%
進学者数 3名 1名 1名 0名

※就職率は、就職希望者に対する就職者の割合です。
※2015年度のデータは、2016年3月現在のものです。

LINEで送る