昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

健康デザイン学科

健康デザイン学科 健康デザイン学科
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学
  4. 生活科学部
  5. 健康デザイン学科

栄養士「プラスα」の専門性を身につける

期待する学生像

昭和女子大学の教育目標を理解し、健康、栄養に加えて、食品、運動、感覚などに強い関心を持ち、将来は専門的な知識を活かして社会に貢献したいという意欲のある学生が入学することを期待しています。

学科の特色

栄養士の基盤となる知識と実践力を身につける

生物や化学などの基礎知識から食・栄養・健康に関連する専門的な知識へと学びをすすめます。豊富な実験・実習・学生主体のプロジェクトなどで経験を積むことで、正しい知識に基づいて判断し行動できる実践力をもつ栄養士となるための基盤を身につけます。

食科学・運動・感覚へと専門性を広げる

健康を、食事・栄養だけでなく運動・スポーツや感覚・美容などの周辺領域を合わせて科学的に学び、関連する資格を取得します。そうすることで、単なる栄養士を超えた、より広い視野で食と健康を考え、実践する「健康のスペシャリスト」をめざします。

「健康」に関連する多彩な進路をめざす

栄養士だけでなく、企業での商品開発・品質管理や健康関連のサービス業、公務員や学校教職員など、様々な職業に就いて活躍すること、大学院へ進んで研究をすすめ「女性の健康」の専門家として国際社会に広く貢献することを将来の目標とします。

取得できる資格

  • 栄養士
  • 管理栄養士国家試験受験資格(1年間の実務経験が必要、最短で卒業後2年)
  • 高等学校教諭一種(家庭・理科・保健体育)
  • 中学校教諭一種(家庭・理科・保健体育)
  • 栄養教諭二種※
  • フードスペシャリスト受験資格
  • 健康運動指導士受験資格
  • 図書館司書・司書教諭
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • サプリメントアドバイザー受験資格
  • HACCP 管理者
  • 栄養士
  • 管理栄養士国家試験受験資格(1年間の実務経験が必要、最短で卒業後2年)
  • 高等学校教諭一種(家庭・理科・保健体育)
  • 中学校教諭一種(家庭・理科・保健体育)
  • 栄養教諭二種※
  • フードスペシャリスト受験資格
  • 健康運動指導士受験資格
  • 図書館司書・司書教諭
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • サプリメントアドバイザー受験資格
  • HACCP 管理者

管理栄養学科の科目を履修することで得られます。当該資格取得のための単位は、卒業要件外となります。管理栄養士合格後は一種に転換します。

クローズアップ

「栄養士の資格取得」と「半年間のボストン留学」が4年間で可能に

「伝統芸能実習」 栄養士養成カリキュラムをもつ4年制の大学では、栄養士の資格を得るためには4年間の在籍が必要で、留学などをした場合その期間は休学とみなされ、その分卒業までに期間を延長する必要があると考えられてきました。本学の場合はボストンにも校舎を設けており、いわゆる「留学」ではなく「ボストン校舎での授業」という扱いになるため、約半年間の語学留学や、一般教養を学ぶことができ、しかも4年間で卒業ができて栄養士の資格もとれるのです。このようなメリットをもつ栄養士養成施設としての大学は日本では数少ないと言えるでしょう。あなたも昭和ボストンで英語力を磨いてグローバルに活躍できる栄養士をめざしませんか。

カリキュラム

科学的に食と健康を学ぶための基礎力を身につける

1年次には、食と健康を専門的に学ぶための準備として、基礎力を身につける科目を履修します。高等学校の生物学や化学に不安を感じている学生を対象とした補習的科目を含め、学年が上がるにつれて高い専門性を確実に身につけ、ステップアップできるよう、基礎科目を充実させています。

豊富な実験・実習を通して栄養士としての知識と実践力を養う

2年次からは、専門の講義科目と実験実習科目を履修します。自分の手足を動かし、目で確かめ、考察を繰り返すことで、自分で考える力、学んだことを活かす力、周囲と調和する力を養いながら、栄養士としての知識と実践力を学びます。また、企業や地域と共同でプロジェクトに取り組む、輝け☆健康「美」プロジェクトも履修できます。

プラスαとして「食科学」「感覚」「運動」領域を広く深く学ぶ

食品の機能・安全性について学ぶ「食科学」、化粧や美容と健康の関わりを学ぶ「感覚」、運動・スポーツと健康の関わりを学ぶ「運動」という時代のニーズに応えた3つの専門領域が用意されています。1年次から各領域に触れ、3年次にいずれか1つを選択し、興味と目標に沿って専門性を磨きます。

カリキュラム

卒業論文のテーマ例

卒業論文のテーマ例

調理操作における巧拙と筋肉運動の関係

調理はおいしく、見た目も良い料理を能率的に作る技術が重要となります。調理技術を習得するためには経験が必要であり、繰り返し練習することで定着します。本研究では、より効果的に調理技術を定着させる方法について、動作解析システムを用いてリンゴの皮の丸剥きの巧拙と動作の関係に着目をして検討を行いました。

その他のテーマ例

  • スポーツ選手における食事摂取量と消費活動量
    の適切なバランス
  • 肥満児童生徒の生活及び食習慣について
  • 美容液のスキンケア効果

卒業生の就職・進学実績

就職先
栄養士 フジ産業、LEOC、ポピンズ
研究開発、
品質管理職
日本油脂検査協会
総合職、
準総合職
日本KFCホールディングス、マリンフーズ、成城石井、ジャパンビバレッジホールディングス、千葉銀行、静岡瓦斯、ティップネス
営業職 伊藤園、明治安田生命保険、第一生命保険
販売職、
サービス職
ミキハウス、青山商事、リーガロイヤルホテル東京、パナソニックホームエンジニアリング、セキスイハイム東海、花王カスタマーマーケティング、カワチ薬局
一般事務職 日本ピュアフード、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、常陽銀行、ディスコ、三菱電機ビルテクノサービス、三菱オートリース、山善、ソフトバンクコマース&サービス、横浜シーサイドライン、ふかや農業協同組合
公務員 埼玉県吉川市
教員 加藤学園高等学校
年度 2012 2013 2014 2015
就職率 98.6% 100.0% 100.0% 98.6%
進学者数 0名 1名 0名 3名

※就職率は、就職希望者に対する就職者の割合です。
※2015年度のデータは、2016年3月現在のものです。

LINEで送る