昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

国際学科

国際学科 国際学科
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学
  4. 国際学部
  5. 国際学科

英 + 中・越・韓・独・仏・西語の世界を実体験

2017年4月 国際学部を新設します。詳しくはこちら
※2016年度以前に入学した学生は、人間文化学部 国際学科の在籍となります。

テンプル大学ジャパンキャンパスと単位互換協定を締結しました。詳しくはこちら

期待する学生像

複言語を駆使して専門的知識を深め、マクロ的かつミクロ的な幅広い視点から、世界の諸問題を発見し、解決方法を探そうとする人。将来、幅広い教養と柔軟な思考力で、国際的な仕事にかかわりたい人、海外で活躍したい人。

学科の特色

ダブルディグリープログラムでグローバルな人材に

韓国のミッション系大学であるソウル女子大学校、あるいは中国の国家重点大学である上海交通大学に2年間留学し、昭和女子大学でも3年間学んで、双方の学位が授与される制度です。海外大学の学位を取得して国際社会における自身の可能性を広げます。

遠隔授業で異文化理解

時差の少ないアジアの大学と双方向で授業の映像・音声・資料などを配信しながら、リアルタイムで質疑応答しつつ講義内容を理解します。留学して習得した語学力と専門知識を駆使して、その言語の背景にある文化と社会の諸問題について探究します。

地域言語に加え国際共通語である英語を各国で学ぶ

中国、韓国、スペイン、ベトナム等に留学した学生は地域言語を学びます。そして世界各地から集まった学生たちと、国際共通語である英語でコミュニケーションをとることで、運用能力を高めます。各協定校や附設の語学学校で英語を履修して、さらに実力を伸ばすことができます。

取得できる資格

  • 日本語教員(大学認定証)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 日本語教員(大学認定証)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 社会福祉主事(任用資格)

クローズアップ

語学力の向上と海外ボランティア、海外インターンシップを通した異文化理解

「伝統芸能実習」国際学科の留学(必修)は2年次後期から始まります。中国語履修者は上海交通大学、韓国語履修者はソウル市内の4大学、ベトナム語履修者は同国屈指の大学、ベトナム国家大学ハノイ校に留学します。ヨーロッパ言語を選択した学生は昭和ボストンに5か月、長期留学希望者は本学協定大学およびSAF 協定大学(独、仏、英、北米)に留学できます。スペイン語履修者はアルカラ大学への留学も選択できます。上海では日本企業の現地法人が提供する本学向けカリキュラムに基づくインターンシップを通して国際社会で求められる社会人の基礎を学びます。ベトナムと韓国では、日本語教育ボランティアとして、相互交流を深めます。

カリキュラム

国際関係・諸地域の文化や社会について深く学びます

文化は多様であり、世界にはさまざまな民族や宗教があります。ヒト・モノ・カネ・情報が国境を越える現在、グローバル化により人びとの価値観、思考、消費様式が均一化する一方、各国・各地域のローカルな文化の多様性や差異の主張も見られます。そのような世界に対応できる国際感覚を養います。

少人数クラスで外国語を基礎から学び運用能力を身につけます

初めて学ぶ中国語、ベトナム語、韓国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語を少人数クラスで集中的に学びます。留学先の教育機関と連携したカリキュラムにより、実践的な言語運用能力を効果的に伸ばしつつ留学に備えます。さらに、TOEIC®をはじめとする各言語の検定試験を受け、高度な語学力をつけます。

必修の留学を通して世界を体験し知見を深めます

留学生活では、語学力の向上はもちろん、寮やホームステイ先での異文化交流を通して、自己の文化を客観視しながら相手の文化に共感することが求められます。幅広い教養を蓄え、既成の枠組みにとらわれない柔軟な思考ができる人材の育成を目標とします。

カリキュラム

卒業論文のテーマ例

卒業論文のテーマ例

モンゴルをめぐる日本と中国の外交戦略
―ポスト冷戦時代を中心に―

外交文書などを用いて、地政学の視点から冷戦後のモンゴルをめぐる日中の外交戦略を、文化・政治・経済の3つの分野から考察、検討し、2国間の外交関係のみに切り取られていた研究対象に対する総合的な研究を通じ て、日中の対モンゴル戦略に対する、同国自身の立場がどのような影響を及ぼしたのかなどを明らかにしました。

その他のテーマ例

  • アメリカ多文化主義のありかた―教育の観点から
  • 両性に開かれた育児休業のすすめ
    ―女性がより輝く社会のために
  • 児童労働撤廃に果たすノンフォーマル教育支援の
    有効性に関する一考察
  • モンゴルをめぐる日本と中国の外交戦略
    ―ポスト冷戦を中心に
  • 中国・上海地域における婚活についての研究
    ―中国・転換期の結婚事情から読み解く結婚観
  • 都市計画における日本橋と清渓川の比較
    ―清渓川の成功事例から日本橋への適用研究と今後の展望
 

卒業生の就職・進学実績

就職先
一般事務職 日本貿易振興機構(ジェトロ)、みずほフィナンシャルグループ、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、信金中央金庫、バンコック銀行、茨城県信用組合、住友電気工業、岩谷産業、安川電機、三菱電機ビルテクノサービス、三井不動産リアルティ、極洋、ジャックス、郵船コーディアルサービス
総合職 みずほ証券、スターツグループ、富士通インターコネクトテクノロジーズ、JTBガイアレック、NTN、大田原信用金庫、トラスコ中山
準総合職 三菱UFJ信託銀行、大和証券、朝日生命保険
営業職 明治安田生命保険、第一生命保険
客室乗務員、
地上職
全日本空輸、日本航空、JALスカイ、中国東方航空
販売職、
サービス職
森ビルホスピタリティコーポレーション、花王カスタマーマーケティング
教員 群馬県
年度 2012 2013 2014 2015
就職率 100.0% 94.7% 98.7% 98.7%
進学者数 0名 2名 2名 5名

※就職率は、就職希望者に対する就職者の割合です。
※2015年度のデータは、2016年3月現在のものです。

LINEで送る