昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

英語コミュニケーション学科

英語コミュニケーション学科 英語コミュニケーション学科
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学
  4. 国際学部
  5. 英語コミュニケーション学科

英語+5つの専門領域を学び、国際社会で活躍する

2017年4月 国際学部を新設しました。詳しくはこちら
※2016年度以前に入学した学生は、人間文化学部 英語コミュニケーション学科の在籍となります。

テンプル大学ジャパンキャンパスと単位互換協定を締結しました。詳しくはこちら

期待する学生像

英語力とコミュニケーション力を基礎として、英米文学・文化、英語研究、英語教育、メディアコミュニケーション、ビジネスコミュニケーション分野での専門知識を深め、日本のみならず広く国際社会で活躍したい学生が入学することを期待しています。

学科の特色

4年間のカリキュラムに組み込まれた海外留学全員必修

2・3年次には、昭和ボストンや協定校で学びます。留学場所や期間は、目標や英語力に合わせて選べます。英語漬けの生活と異文化体験を通して、英語力とコミュニケーション力を身に付けます。

段階的に英語運用能力を高める「スキルクラス」

1年次から3年次まで、英語運用能力を体系的に伸ばすための科目が必修となっています。speaking, listening, reading, writing の4技能を習熟度別少人数クラスで学び、英語で情報を集め、的確に表現する力を養います。

専門性を養う主専攻と社会につながるキャリア支援

3年次からは、英語やコミュニケーションに関する5つの分野から主専攻を一つ選び、専門的な知識を深めるとともに論理的思考力、発信力を養います。また、多彩なキャリア支援プログラムを通して、英語力と専門性を活かして社会で活躍する道筋を探求します。

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種(英語)
  • 中学校教諭一種(英語)
  • 児童英語教員(大学認定証)
  • 日本語教員(大学認定証)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 高等学校教諭一種(英語)
  • 中学校教諭一種(英語)
  • 児童英語教員(大学認定証)
  • 日本語教員(大学認定証)
  • 図書館司書・司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会福祉主事(任用資格)

トピックス

課外活動を通して協調性やリーダーシップを磨く

「伝統芸能実習」 学生海外派遣事業や英語プレゼンテーションコンテスト、企業や地域との連携プロジェクトなど、様々な課外活動に参加する機会が広がっています。活動の企画・運営を成功させるためには、異なる文化や意見を持つ人々と協力し、課題に主体的に取り組む必要があります。そうした経験を積み重ね、国際社会で実務的役割を担える人材へと成長します。

TOEIC®、TOEFL®などの受験を全力でサポート

「伝統芸能実習」 卒業後のキャリア形成や海外の大学・大学院への留学を見通して、TOEIC®、TOEFL®、IELTSTM などの受験をサポートする体制が整っています。対策セミナーを開催するとともに、学内で試験を年に複数回実施しています。卒業までにTOEIC®900以上をめざします。

カリキュラム

ボストンを中心とする多彩な留学プログラムで、国際的な視野を広げる

昭和ボストンを中心に学ぶ約5か月の必修プログラム Universityと約10か月の原則希望制プログラム FSPに加えて、「昭和ボストン+認定留学」をめざす希望者選抜制プログラムBLIPがあります。留学生活を支援する奨学金制度も充実しています。

昭和ボストンと世田谷キャンパスでの学修を通して、社会に羽ばたく力を

留学前から留学後まで一貫したカリキュラムによって、高度な英語力と幅広い教養を習得します。入学から留学までは、スキルクラスで英語力を高 めるとともに、基礎ゼミで大学での学びの基礎を固めます。どちらも、少人数制ならではのきめ細かなサポートが特長です。留学後は、英語力と国際的な視野を発展・深化させる科目が用意されています。

5つの主専攻で専門を究め、特別プログラムで可能性を広げる

専門として深く学べる分野は、「英米文学・文化」「英語研究」「英語教育」「メディアコミュニケーション」「ビジネスコミュニケーション」の5つ。各分野を見渡す「概論」科目を学んだ後、興味や卒業後の進路に応じて主専攻を一つ選択して深く学びます。さらに、Global Liberal Artsや児童英語教育プログラムなどの特別プログラムも設けられています。

カリキュラム

私のキャリアデザイン

将来の目標を見つけ英語力を
鍛えた留学経験

2か国留学x2言語習得を活かして
塩谷 美樹 英語コミュニケーション学科 3年(※平成28年度情報)
東京都 都立新宿山吹高等学校出身

今まで深めてきた学び

留学が必修となっている点が魅力で、英語コミュニケーション学科に入学しました。アメリカの大学で気候変動について学んだことがきっかけで、環境問題対策の重要性に気づき、環境問題調査研究のNGOでインターンをしています。留学経験を通して「英語を読むことが普通」になったことは、英語のウェブサイトを参考に調査を進める時に役立っています。

これから取り組みたいこと

環境問題の中でも、特に再生可能エネルギーの将来性を強く感じています。卒業後は、再生可能エネルギーに携わる仕事に就きたいと思い、3年次の夏には関連企業のインターンシップにも参加しました。卒論も環境問題をテーマにする予定です。英語で卒論を書けるよう、英語でのリサーチやレポートの書き方を、もっと深く学びたいと思っています。

自分を見つめ直すことができた
「ボストン留学」

2か国留学x2言語習得を活かして
加島 さや 英語コミュニケーション学科 3年(※平成28年度情報)
神奈川県 私立法政大学女子高等学校出身

今まで深めてきた学び

私は人前で話したり、プレゼンテーションをしたりすることが苦手だったのですが、海外でも通用するコミュニケーション力を身につけたいと思っていました。ボストン留学では、英語力はもちろんコミュニケーション力やプレゼンテーション力を高めることができ、苦手を克服できたと実感しています。また、第2 外国語のドイツ語にも力を入れてきました。

これから取り組みたいこと

ボストン留学では、グローバルな環境に身を置き、自分の英語力や海外と日本の文化の違いを見つめ直すなかで、視野を広げることができました。これからは「秘書英語」や「Hospitality English」などの授業で英語とビジネススキルをより高め、日本のホスピタリティを海外に伝え、国際都市・東京のグローバル化の一助となる仕事を志しています。

 

卒業生の就職・進学実績

就職先
総合職 ジョンソン・エンド・ジョンソン、パナソニックヘルスケア、パナソニックESエンジニアリング、サトーホールディングス、日本航空電子工業、日立ハイテクマテリアルズ、オリックス生命保険、楽天、イオンリテール、JTB関東、エイチ・アイ・エス、スターツコーポレーション、三井倉庫サプライチェーンソリューション、郵船ロジスティクス、LEGOLAND Japan
準総合職 三菱東京UFJ銀行、東京都民銀行、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、朝日生命保険、野村證券、オリエントコーポレーション、JTB商事
一般事務職 みずほフィナンシャルグループ、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、常陽銀行、千葉興業銀行、さわやか信用金庫、アルプス電気、NOK、ディスコ、積水ハウス、東亜建設工業、藤木工務店、極東貿易、ドウシシャ、サンワテクノス、ユーシーカード、東京センチュリー、みずほビジネスサービス、三菱UFJ代行ビジネス、三菱電機ビルテクノサービス、郵船コーディアルサービス
営業職 日本生命保険、住友生命保険、グラクソ・スミスクライン、ジュピターテレコム、近畿日本ツーリスト個人旅行、東武トップツアーズ、トランスコスモス
客室乗務職、
地上職
日本航空、全日本空輸、AIRDO、JALスカイ、ANAエアポートサービス
販売職、
サービス職
パナソニック エコソリューションズ社、クリナップ、グッチ、ワコール、花王カスタマーマーケティング、サマンサタバサジャパングループ、ジャヴァコーポレーション、P&Gプレステージ、テイクアンドギヴ・ニーズ、リゾートトラスト
システムエンジニア 日本アイビーエム・ソリューション・サービス、富士ソフト、リコージャパン
教員 神奈川県相模原市、埼玉県、山形県
警察官 警視庁
年度 2013 2014 2015 2016
就職率 98.9% 99.4% 98.2% 100%
進学者数 3名 5名 1名 4名

※就職率は、就職希望者に対する就職者の割合です。
※2016年度のデータは、2017年3月現在のものです。

LINEで送る