昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

日本文学専攻

日本文学専攻 日本文学専攻
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学院
  4. 文学研究科
  5. 日本文学専攻

文学・語学・言語教育学に関する深い学識と研究能力の育成

日本文学専攻では、博士前期課程を設置している。専門的な知識や能力を広く社会に還元し、多様な分野で積極的に活躍し得る人材の育成をめざしている。 「日本文学」「日本語学」の分野を対象に、深い学識を培い、優れた研究能力を養うことにより、日本文化のさらなる進展に貢献することを目的としている。「日本文学」では各時代・分野にわたり、多様な講義・演習科目を設置している。また、中国文学の講座も開設しており、比較文学の視点からのアプローチも重視している。「日本語学」では語彙や文法の面から日本語の全体像に迫る研究を主眼としている。

特色

専任教授と一流講師の提携によるきめ細かな研究指導

本学の専任教授に加え、学外からも第一線で活躍する優れた講師を擁し、専門性を深めることができる。また、他の領域の特殊研究の科目を幅広く履修することも可能である。

学生の研究活動に対する積極的な援助促進

研究発表会の定期的な開催や、論文集『大学院日本文学紀要』の刊行など、研究成果を発表する場を用意し、大学院生の探究心の触発、研究活動の促進をはかっている。

伝統ある図書館の貴重な文献の利用

明治初期以降の近代文学の書籍や雑誌を中心に、多種多様の貴重な文献を所蔵する本学図書館の「近代文庫」を、自由に活用して研究を深めることができる。また、各時代・各分野の蔵書もきわめて充実している。

社会人学生のニーズに応じた柔軟な受け入れ態勢

社会人の方が、さらに高度な専門的知識や、研究・教育能力を修得するための場を提供し、多様な分野で積極的に活躍し得る有為な人材の育成をめざしている。

学生「研究テーマ」例として

  1. 『源氏物語』論
  2. 『とはずがたり』の研究
  3. 太宰治研究-「斜陽」を中心に-
  4. 夏目漱石研究-「行人」「道草」「明暗」における女性像-
  5. 『論語抄』の語彙と語法

専任教員紹介

 
大倉 比呂志
教授
  1. 中古・中世日記文学(日記的私家集を含む)
  2. 平安時代から室町時代までの物語文学
岸田 依子
教授
  1. 中世韻文学の研究
  2. 中世歌論・連歌論の研究
  3. 中世日記紀行文学の研究
吉田 昌志
教授
  1. 泉鏡花を中心とする浪漫主義文学の研究
  2. 明治三十年代文学の総合的研究
  3. 文学と美術との相関についての研究
胡 秀敏
教授
  1. 源氏物語の研究
  2. 源氏物語絵巻の研究
  3. 平安時代和漢比較文学の研究
嶺田 明美
准教授
現代日本語の位相や揺れを中心に、言語資料調査や実地調査に基づき研究している。
LINEで送る