昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

言語教育・コミュニケーション専攻

言語教育・コミュニケーション専攻 言語教育・コミュニケーション専攻
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学院
  4. 文学研究科
  5. 言語教育・コミュニケーション専攻

言語教育に不可欠の専門知識・教授技能の修得と研究の場の提供

言語教育・コミュニケーション専攻では、博士前期課程を設置しています。
国内外で日本語教育、英語教育の専門家をめざす人、および言語学、日本語教育学、英語学、英語教育学関係の研究者をめざす人を対象としています。言語理論を基盤に持ちながら、日本語教育、英語教育の実践力をバランスよく備えた人材の育成が目標です。実践については、韓国の西江大学、アメリカの昭和ボストン校など、多彩な教育の場を提供しています。

特色

語学と言語教育が統合されたカリキュラム

目標言語は違っても日本語教育と英語教育には共通した研究課題がたくさんあります。両者を幅広く見渡し、言語理論と言語教育の実践をバランスよく学べるよう、カリキュラムが組まれています。

将来の専門家としての基盤作り

少人数でのきめ細かな論文指導に加え、学内外での研究発表や論文刊行が奨励され、学問的な研鑽が積めるよう配慮しています。さらに、国内外において多様な機関での実習の機会があります。

公開講座や外部講師講演会が充実

毎年、英語教育の権威、Rod Ellis(オークランド大学)を客員教授に迎えて公開講座を開催する他、年2回、言語学や言語教育関連分野の第一線で活躍中の研究者を招いての講演会を実施しています。

社会人、留学生の柔軟な受け入れ

大学新卒者に加え、社会人、特に現役教師に学びの場を提供し、働きながらリカレントや資格拡充がかなえられるように図っています。また留学生にも、自国の未来を背負って活躍する教育者や研究者になる道を提供しています。

学生「研究テーマ」例として

  1. Comparison of Explicit and Implicit Consciousness-Raising Grammar Instruction
  2. 定型表現とリスニング/リーディング能力の相関について
  3. インターナショナルスクールに通う児童の語彙力と親の言語教育観 -韓国人母語話者を対象に-
  4. 日本語の終助詞「ね」と「よ」の習得の研究 -韓国人上級日本語学習者を対象に-
  5. 日本語母語話者の談話の視点決定に関する研究-視座選択における「共感」の観点から-

専任教員紹介

小川 喜正
教授
  1. タスクと言語形式の焦点化
  2. 語彙フレーズを用いた言語教授法
  3. 日本人英語学習者の英作文に対するフィードバック
金子 朝子
教授
英語学習者がどのようなプロセスで英語を習得していくのかについて、発話データに基づいて調査・研究する。学習者の英語を録音し、書き取った電子データ(コーパス)を作成し、その分析結果から、効果的な英語教育を提案する。
鈴木 博雄
教授
理論言語学(生成文法、機能文法、語彙意味論など)による日英語対照分析及び生成文法に立脚した英文法習得の研究(特に、叙述・修飾構造論)を専門としている。研究成果を学校英文法の実用的記述に反映させるための研究も行っている。
横山 紀子
教授
  1. 第二言語習得研究
  2. 特にインプットが習得に果たす役割、理解過程(特に聴解)
  3. 日本語教育学
  4. 指導が第二言語としての日本語習得に果たす役割、教材設計、言語能力評価など
ロブソン ゴードン
教授
My research is connected to classroom interaction and fluency. In addition, I am interested in such individual learner differences as personality, anxiety and motivation. Finally, I have done extensive work on reading, writing and materials development.
西川 寿美
教授
第二言語としての日本語習得

  1. 第二言語としての日本語の習得プロセスとそこに現れる学習者の日本語
  2. 特に、書き言葉の習得
大場 美和子
准教授
日本語母語話者と学習者の相互行為の特徴を、実際の会話データを収録・文字化して分析し、その研究成果を日本語教育や日本語教員養成へいかに応用するかを考察している。
LINEで送る