昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

生活文化研究専攻

生活文化研究専攻 生活文化研究専攻
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学院
  4. 生活機構研究科>
  5. 生活文化研究専攻

各地域の文化と生活を多様な視点から研究します

生活文化研究専攻では、修士課程を設置しています。
多様な分野の教員の指導により、歴史学・民俗学・人文地理学・考古学・美術史・文化財学などを通して、各地域・時代の文化と生活を研究できる体制を整えています。また、分野を跨いだテーマによる研究も可能です。どの分野もフィールドワークを重視し、モノと考え方の両面から生活文化をとらえ、研究の視野を拡大できるのが本専攻の特色です。本専攻では、下記にあげた3つのプロジェクトを院生も参加して実施しています。

特色

山梨県北杜市諏訪原遺跡の発掘調査実習

山梨県北杜市にある縄文時代集落跡である諏訪原遺跡の発掘調査を、毎年夏季休暇を利用して実施しています。教員の指導のもと、本専攻院生が中心となって発掘調査を体験し、遺跡の特徴について研究を進めています。

唐招提寺文書の調査

膨大な量を誇る唐招提寺文書の内、律宗戒学院三宝蔵経蔵に収蔵される未整理の中近世史料の整理と目録の作成、また律宗関係の重要文書の翻刻と研究を本専攻院生とともに継続して行い、貴重な成果をあげています。

ベトナムの文化遺産の調査と保存

ベトナムハノイ国家大学や研究機関と共同して、世界遺産ホイアン旧市街地の都市形成史を解明するために発掘調査に取り組んでいます。発掘は教員の指導のもと、本研究専攻院生・学部学生が参加して実施しています。

学生「研究テーマ」例として

  1. 日清戦争直前期における在朝鮮外交官-渡韓規制と仁川中立化問題を事例として-
  2. 縄文時代における底部穿孔倒置埋設土器について-特に関東・中部地方における事例から-
  3. ルノワール《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》と1885年までの作品~人物配置と空間構成を中心に~
  4. 日本刀の刀身彫刻における起源と変遷
  5. 和紙の製法と原料の変遷

専任教員紹介

大谷津 早苗
教授
  1. 民俗文化の研究
  2. 民俗芸能研究
  3. 芸能史研究
掛川 典子
教授
20世紀初頭の日独米の女性論の比較研究。特にヘレーネ・シュテッカーとマリアンネ・ヴェーバーを中心とする。
菊池 誠一
教授
  1. 日本と東南アジア(特にベトナム)の交易・文化交流を考古学資料をもちいて解明すること
  2. 文化遺産の保護と活用に関する研究
木下 亮
教授
スペイン近現代美術史。主な研究対象は、フランシスコ・デ・ゴヤ、アントニオ・ロペス・ガルシア、それに19世紀後半から20世紀前半のカタルーニャ美術。
田畑 久夫
教授
  1. 東アジアにおける物質文化の比較地理学的研究
  2. 地域文化に関する理論および実証的研究(探検史を含む)
  3. 「アナール学派」の歴史と地域研究
安蔵 裕子
教授
  1. 近代日本における服飾文化、染織文化の変容
  2. 南蛮文化にみる服飾表現の性格
小泉 玲子
教授
  1. 古墳時代の出土品や埴輪を通した古代の葬送儀礼の研究
  2. 神奈川県内の初期弥生時代遺跡の調査分析を基にした、関東における稲作文化の伝播と受容の研究
野口 朋隆
准教授
  1. 幕府・藩の研究
  2. 本家と分家の関係性に関する研究
  3. 近世における儒学・神道の研究
松田 忍
准教授
日本近現代史、特に1920年代〜1950年代を対象として生活改善運動・新生活運動の研究をおこない、「生活」が対象化されることの歴史的意義について考えている。
LINEで送る