昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

福祉社会研究専攻

福祉社会研究専攻 福祉社会研究専攻
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学院
  4. 生活機構研究科>
  5. 福祉社会研究専攻

福祉・ソーシャルワーク、国際・ジェンダー、経済・社会・地域の3領域から福祉社会を総合的に研究

福祉社会研究専攻は、グローバルな視野から、実践的でローカルな課題を探究します。現代は、福祉国家の発展により、福祉社会としての成熟を実現する時代と言われます。そのために、地方自治体や地域社会での福祉の充実には、市民の参画と協力が不可欠となってきました。名実ともに、「共生社会」とするためには、ソーシャル・インクルージョン、生活・人生の質、当事者主権などの社会的理念が問われています。こうした幅広い視野から、福祉社会における人間と社会の関係、福祉専門職のあり方、社会政策、男女共同参画、国際関係、経済等について研究をします。

特色

福祉・ソーシャルワーク

人権と社会正義、人間の尊厳を重視したより良い福祉社会の創造とこれを担う人材の育成を目指し、福祉政策、ソーシャルワーク、児童福祉、高齢者ソーシャルサービス、医療福祉等の研究を進めます。

国際・ジェンダー

福祉社会の研究に不可欠なジェンダー視点を培います。20世紀初頭の特色ある女性論や女性・ジェンダーに関する国際的動向について学び、日本の女性政策、男女平等政策、労働政策、社会福祉政策の検討を行います。

経済・社会・地域

福祉社会の形成に影響を及ぼす現代の社会経済情勢、国際関係、国家・民族・言語政策、現代生活経営論等、グローバルな視点からの研究を行います。また、人権としての居住、福祉・環境・共生・持続可能性をキーワードとした地域環境計画の理論と方法を学びます。

学生「研究テーマ」例として

  1. シンガポール華人の言語とアイデンティティ
    ―Chinese SingaporeanからSingaporeanへ―
  2. 内モンゴル自治区におけるオヴォー復興現象と環境悪化に対する危機意識
    ―アラシャン盟の自然環境と官民の活動の事例として―
  3. 日本とデンマークにおける乳幼児期の保育事情の比較
    ―保育の質の向上をめぐる課題の検討―
  4. イベントを活用したまちの活性化に関する研究
    ―三軒茶屋と横浜の大道芸を比較事例として―
  5. 母子生活支援施設における精神的な課題をもつ母親への就労支援に関する研究

専任教員紹介

森 ます美
特命教授
  1. 労働市場/人事・賃金制度のジェンダー分析と雇用・労働政策
  2. 同一価値労働同一賃金原則に関する研究
志摩 園子
教授
国際関係論。特に、国際関係史の文脈で民族自決や国民国家の成立と地域協力の研究。研究対象地域は、ラトヴィヤを中心とするバルト3 国および環バルト海諸国地域。
月田 みづえ
教授
核家族、地域関係の弱体を背景に、虐待や非行の重大化など児童・家庭福祉の課題は多い。児童・家庭福祉政策、子育て支援や子どもの権利保障などを課題とする。
坂東 眞理子
教授
  1. 女性の政策決定参画
  2. 男女共同参画政策
フフ バートル
教授
  1. アジアにおける国家、民族、言語の関係
  2. 言語の近代化
  3. 中国の経済発展と周辺地域・民族の言語文化の変容
北本 佳子
教授
  1. ソーシャルワークのミクロレベルの研究として、コミュニケーション分析とそのあり方。マゾ・マクロレベルの研究として、地域包括ケアに関する研究
  2. 福祉サービスにおける組織のマネジメントや人材育成教育・研修に関する研究( コンサルテーションを中心に)
常喜 豊
教授
  1. 熱帯雨林における亜社会性甲虫類の生態
  2. 都市環境における動植物と人間生活の関わり
  3. 都市や里山の自然を活用した環境教育
瀬沼 頼子
教授
  1. ひと・生活・環境・福祉視点からの地域づくり研究
  2. 住民参加・参画から多様な地域主体の協動による地域形成研究
  3. コミュニティ形成に関する研究
  4. 農村地域(むら・まち)の活性化に向けた地域づくり研究
高橋 学
教授
医療福祉、精神保健、在宅ケア領域での社会福祉実践を研究している。特に①「障害や病を持って生きること」の意味を当事者の語りや視点から探究し、支援方法を考える②医療現場での意思決定過程をキーワードに「臨床」を考察する③専門職の人材育成の視点からスーパービジョンの方法と技術をテーマに研究している。
伊藤 純
准教授
生活者の側から要求し、創造する福祉のあり方を研究している。福祉・生活支援サービスの利用実態と生活問題について、政府統計・調査等により生活経営学視点から分析する。
粕谷 美砂子
准教授
  1. 自営/農業従事者の生活経営−個人・家族・世帯
  2. 農業・食関連領域の生産・加工・流通・消費のプロセスとジェンダー
  3. 上記に限らず、必要に応じ現代の生活経営研究を広く行う。
シム チュン・キャット
准教授
情報化やグローバル化、そして先進国における少子高齢化の急速な進展により、家族・学校・職場・社会などのあり方が大きく変わりつつある中、その特徴や課題を教育社会学の視点から捉えたうえで日本と諸外国の現状および今後の動向を比較研究する。
鶴田 佳子
准教授
現代社会における諸現象について都市・地域という「場」を切り口に研究を行っている。都市の中でも公共の場(広場や街路)、中心市街地の商業空間、市場を対象に現地調査・分析を行う。世界各地の都市全て研究対象となり得るが、特に東京とトルコ及び地中海地域の都市に重点をおき、比較研究する。
吉田 輝美
准教授
介護保険制度に関する理論と実践の乖離に着目し、特に介護サービス従事者に対する事例検討方法を展開しながら、高齢者分野のケアする人のケアを研究テーマとしている。
LINEで送る