昭和女子大学 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY

大学院での修学・研究を支援する3 つの制度

大学院での修学・研究を支援する3 つの制度 大学院での修学・研究を支援する3 つの制度
前のページに戻る
  1. トップ>
  2. 大学・大学院>
  3. 大学院
  4. 修学・研究支援制度
  5. 大学院での修学・研究を支援する3 つの制度

長期履修学生制度

平成18年4月から、「長期履修学生制度」を導入しています。この制度は、職業を有している等のため、標準の修業年限(修士課程・博士前期課程は2年、博士後期課程は3年)で修了することが困難な学生を対象に、長期の在学期間を計画的に設定し、授業料を分割納入して履修することができる制度です。

大学院研究生制度

博士前期課程、修士課程、博士後期課程の修了者の研究継続を助成するために大学院研究生の制度を設けています。研究生として採用された場合、継続して指導教授の指導を受けるとともに、授業の聴講、大学院生に認められた大学の研究施設を利用することができます。

科目等履修生制度

科目等履修生とは、本学の開設する授業科目のうち、1ないし数授業科目を選択履修することを許可された者をいいます。
この制度を使えば、大学院・大学のトップインテリジェンスに直接触れ、教養を高めることもできますし、学芸員、学芸員補、図書館司書の資格取得を目指すこともできます。なお、学芸員、学芸員補、図書館司書の資格取得を目指す場合、当該課程の必修科目及び選択必修科目が一括で申請することができます。

LINEで送る